Loading...
執筆代行 2018-01-08T14:45:13+00:00

記事代行.comは、編集プロダクションとして出版のお手伝いもしています。

松村工記事代行どっとこむのWEBサイトへようこそ!代表の松村です。WEBコンテンツとしての記事代行サービスを提供する事業として2011年にスタートした、記事代行どっとこむも、私自身の体験の中から、紙の本や電子書籍を出版する事業を生み出しました。私たちが手がけている出版事業(HCM Next Connect)では、『WEBと出版をつなぐ新たなカタチ』をテーマに、マーケティング・ツールとしての出版を行なっています。これと合わせ、従来出版社様や著者様からのブックライターとしての業務も承るようになるまでに成長することができました。

まだまだ、長年ブックライターとして活動されている諸先輩がたから見れば、見劣りする編集プロダクションかもしれませんが、どうぞ、有効にご活用ください。

『WEBと出版をつなぐ新たなカタチ』に関しては、特設サイトとメールマガジンより情報発信しておりますので、そちらをご覧いただくとして、本サイトでは、編集プロダクションとしての記事代行どっとこむが担う業務と、営業方針についてご紹介させていただきます。(出版に関しては、概要のみ掲載しています)

執筆代行サービスでは、出版企画などからのご相談もお気軽に

出版社様へ

記事代行で適切な成果を獲得するために
私たち記事代行.comを運営するボナッポは、出版事業も手がけていますが、従来より出版業界で活躍されている諸先輩方に競争を挑むような無謀なことは一切致しません。

代表の松村は出版社に勤務した経験もありませんので、出版業界に関する「いろは」には、疎い面があるかもしれません。しかし、これまで、お医者様の著書をブックライターと執筆させていただいたり、通販業界で活躍される経営者や経営哲学に関する書籍、東日本大震災被災者の体験記、ダンサーの自叙伝などもお手伝いさせていただいてきました。

ブックライターとしては、取材時にはビデオカメラを設置し音声だけではなく、表情も撮影いたします。なぜ、表情を撮影するかというと、言葉にならない言葉をお話くださる著者様の表情から読み解くためです。過去には「表現は適切じゃないけど」と、とっさに適切な表現が浮かばないままお話くださったことを、表情と声のトーン、前後のお話の中から私たちのほうで言葉を探し、時には例え話を盛り込みながら、著者様の感情を文章にしてきました。

通常この映像は執筆代行のためだけに利用しますが、ご希望くだされば、書籍プロモーションや事業プロモーション動画として編集し納品いたします。

校正・校閲に関しては、ご依頼くださる出版社様より校正ルールを頂戴し、初校、再校、念校の3回を基本として行います。

ブックライターとしてのご用命、編集プロダクションとしてのお問い合わせは、本ページ下部より該当項目を選択の上、出版社名、ご住所、ご担当者氏名、ご連絡先、書籍企画内容、ご予算などをご記載の上お問い合わせください。(ご予算およびお支払い方法に関しては、条件によりご相談に応じる準備がございます)

著者様、執筆家様へ

大手出版社様に企画を持ち込んだにも関わらず、その企画が通らなかった書籍企画はございませんか?
無事出版できたものの、編集の段階で「掲載不可」になった原稿はありませんか?

私たちは出版事業も行なっていますが、出版事業以外の収益もあるため、「売れるかどうか自信のない書籍企画」であっても、実際に出版し市場の声を確かめる術を整えています。晴れて、私どもの出版サービスを通じて「売れる本だ!」と、確信が得られたようでしたら、大手出版社様に再度企画を出してみてください。その時は、私たちに委託いただいた出版権を放棄いたします。

本を出してみたい!と言う方へ

紙の本を自費出版するのは費用が心配。電子書籍はAmazonキンドルなどで自分で出版はできるかもしれないけど…と、出版に関して悩んでいらっしゃる出版希望の方は、私たちにご相談ください。

電子書籍なら3万円(税別)から、一般的な紙の本(Amazonmにて販売)なら、10万円(税別)から出版できます。一般書籍の出版は、同人誌出版ではなくISBN番号が付与され、印税(著作物使用料)もお支払いいたします。詳しくはご相談ください。

セミナー講師の方へ
セミナー用教材を電子書籍と一般書籍で出版しませんか?在庫本を必要としない紙ベースの教材を出版することで、セミナーや講習会、勉強会の新たな展開モデルを実現できます。(要ご相談)

ブログ記事代行による原稿を書籍化

記事代行サービスを最大限に活用するために

ブログ記事代行を継続的にご利用くださっているお客様、または、記事代行をご依頼後サポートをお受けくださっているお客様は、アクセス解析をもとに書籍化することで御社の売上向上につながる原稿を再編集し、一般書籍と電子書籍の双方(または、いずれか)を特別価格で出版することができます。

ぜひ、『WEBと出版をつなぐ新たなカタチ』をご体験ください。

すでにたくさんの記事をブログに掲載されている方へ

すでにたくさんの記事をブログにアップしており、アクセス解析を導入しているブロガーさんでしたら、ブログ記事代行サービスをご利用していなくても、ブログ記事を電子書籍または一般書籍として出版できます。Amazonでの販売のみとなりますが、よりヒットする構成や書籍タイトルのご相談、編集、校正作業も記事代行.comにお任せください。

ブログ記事の一部をテスト的に私たちの出版を通して、あなたの本が売れる本であることを証明してみてはいかがですか?私どものような小さな出版社で経験を積み、その実績をもとに大手出版社に企画を持ち込み、作家デビューを実現してください。代表の松村は作家志望ではありませんし、特に書籍の販促活動を私たちは行なっていませんが、累計1万部程読まれています。私たちの出版方式は、たとえ紙の本(一般書籍)であっても在庫本を管理する必要がありませんので、今でも、売れ続けています。

メルマガやステップメールも書籍化
ブログに限らずメールマガジンやステップメール、プロダクトローンチに使用した原稿を書籍へとトランスフォームさせ活用してみませんか?私たちは、記事コンテンツのリサイクルを通じて、「売れる商品(本)」を、作るのではなく販促ツールを作ることを主体に出版事業をスタートさせました。あなたのハードディスクの中で眠っている資源を再利用し、新たな売り上げとお客様を迎え入れてみてはいかがでしょうか。

WEBと出版をつなぐって何?

読書離れ時代に出版してどうなるの?

松村工こんにちは、松村です。この読書離れ、出版不況と呼ばれる時代に出版してどうなるの?本なんて売れるわけないじゃない!と、思っている人も多いかもしれません。もちろん、ただ単に出版して本屋さんに平積みされたところで本が売れるわけでもありません。

凄腕編集者に発掘されて、大々的に広告プロモーションをしたからと言って、本が売れるわけでもありません。ましてや自費出版となれば、本をたくさん売って費用を回収しなくてはお金をドブに捨てるようなものだから、本が売れない時代に…と、懐疑的な目で、このページを見ていてくれているかもしれません。実際、出版詐欺や自費出版詐欺もあちこちで問題になっているので、私たちもやりにくい限りです。

私たちは通常の出版では出版社だけが「書籍の売上データ」を見ることができ、どのような本が売れるのかのデータも出版社だけが知ることのできる領域に止まっていることに疑問を感じています。しかし、私たちはWEB活用のサポートを通じ、どのような文章や記事が読者の行動を引き起こすかを随時継続しコンテンツ化する術を手に入れ、著者と共有する術も手に入れました。

新人作家がいきなりベストセラー作家になるのは、経験豊富な大手出版社にお勤めの凄腕編集者の方でも難しいことです。ですから、私たちが、記事代行.comを通じて出版すれば、ベストセラー作家になれますよ!なんて、いい加減なことは言いません。ただ、回を重ねるごとに着実に売れる本、読まれる本、あなたの読者ファンを増やす本を書いていただけるようになるでしょう。

特に、本業にレバレッジをかけたいと望みビジネス書の出版を検討している経営者さんでしたら、多少出版に必要な費用を本の売り上げから回収できなくても、私たちが手がけているコンテンツ・マーケティングのひとつのツールとして出版物を捉えていただけるようでしたら、御社の売上だけではなく業績向上に貢献できることでしょう。

松村工の代表著書

松村 出版物

執筆代行、出版に関するご相談お問い合わせはこちらから

執筆代行、出版に関するお問い合わせは、こちらからご連絡ください。

その他のお問い合わせは → お問い合わせ

問い合わせ

このページを読んだ人は、次のページも見ています。

初めての方へ

初めての方へ

記事代行サービスを初めて利用しようと考えている方、または、私たちの「記事代行どっとこむ」に、はじめて訪問してくださっている方は、必ずこちらのページをご覧ください。
記事代行サービスには、確実に成果を上げる方法とGoogleの気まぐれで成果につながる記事やGoogleの機嫌を損ねて、検索結果に表示されなくなるような記事代行サービスがあります。特に[…]

詳しく読む

記事代行の全体像

ブログ記事作成代行

ブログ記事の作成代行サービスを利用して、アクセスアップや集客増加を図る手法は、2013年以降大きく様変わりしました。
その理由は2つあります。
ひとつは、Googleの検索アルゴリズム変更で、2つ目は、検索シーンやユーザーの[…]

記事代行の全体像

ブログ記事代行

ブログ記事作成代行

ブログ記事の作成代行サービスを利用して、アクセスアップや集客増加を図る手法は、2013年以降大きく様変わりしました。
その理由は2つあります。
ひとつは、Googleの検索アルゴリズム変更で、2つ目は、検索シーンやユーザーの[…]

ブログ代行 詳細