他社との違い2018-01-24T08:30:46+00:00

【ご確認ください】
自分たちの都合の良い比較ポイントだけを書いているわけではありません

記事代行を比較するポイント

松村工こんにちは、松村です。このページでは、私が10年以上記事コンテンツを使ってホームページから得られる収益を最大化してきた、記事代行サービスを比較する際のポイントをご紹介します。私が近年、時折記事を外注する際の比較ポイントも紹介いたします。

このページは、私たちが記事代行サービスを提供するために開設しているホームページの1コンテンツですが、私たちはこのページに訪れた全ての人に、私たちが提供しているサービスが適しているとは考えていません。現に、これまで、3ヶ月以上メールマガジンを購読してくださっていた読者さんからのご相談に際しても、お話を伺えば伺うほど、私たちが提供している記事代行サービスを必要ではないと感じたため、その趣旨をしっかりお伝えし、ご依頼を取り下げていただいたことが何度かあります。

特に、このページでは、私たち記事代行.comと他者との違いをお伝えさせていただきますが、前述以外にも私たちのサービスではなく、もっと格安の他者の記事代行を活用する方法をお伝えした際の「選択のポイント」もご紹介いたします。

ぜひ、あなたに最適な記事代行サービスを本ページの比較ポイントを参考に見つけてください。

検索上位表示実績はあてにならない

記事代行サービスを比較する際に、検索順位実績などを比較してサービスを選ぶ人がいますが、そもそも、検索キーワードの価値を評価するすべを持たない以上「人気キーワード〇〇で1位」のような実績は、全くあてになりません。

私たちは、あてにならない実績を一切掲載しません。なぜなら、私たちのこのサイトを立ち上げた当初「記事代行」というキーワードで1位を約2年間維持し続けましたが、この2年間の内、コストが必要だったのは、初めの6ヶ月だけで、以降の18ヶ月はほとんどコストらしいコスト(労力)は、かかっていません。こう言った状態で受注し続け、その後、5年間ほったらかしで利益を上げ続けたのですから、私たちにとって、このキーワードでの上位表示は価値があったと言えます。

しかし、ほったらかしにしていた後半の2年間は、このキーワードで1ページ目に表示されることはありませんでしたが、売上は落ちていません。私たちがシークレットモードなどで検索順位を調べた場合、2ページ目にもランキングしていなかったことはザラですが、お問い合わせをくださった方にヒアリングすると「『記事代行』と、検索した時1番上にあったので」と、答えてくださる人も何人かいました。

このことは、確証は持てませんが、おそらくパーソナライズ化された検索結果が表示されたからだと考えています。ヒアリングを続けた問い合わせ者のほとんどが、ブログ代行関連のキーワードや、SEO記事代行などで検索しても、このサイトが表示されたので、「もう、何ページ読んだかわかりません」と、答えてくださる方ばかりでした。

成果報酬生のSEOサービスや、記事作成代行会社のセールスページには、他社の実績と比較するために「ダイエットで1位」「社労士で1位」なんて実績を掲載していますが、過去、そのような実績を表示してあるセールスページからキーワードを抜き出し、実際に検索して、1位だった企業に問い合わせてみたところ、私たちの調査結果だけではありますが、100%否定されました。

調査目的でお問い合わせをさせていただいたので、本当のことを話してくださらなかったかもしれません。

しかし、考えてみてください。仮に他社との実績の違いを誇示するために、検索ランキング1位などと掲載している業者のサポートで、実際に収益的な成果も上げているのなら、喜んで「はい、その会社様にいつもお世話になっています」と、答えるのではないでしょうか。

用心深い人なら、そのように私に答えた後で、サポートしてくれている業者に電話をかけ「もし、同じキーワードで上位表示を果たしたいという問い合わせがあっても、御社と私たちの付き合いですから、お断りしてくださいね」と、念押しの電話をするのが普通ではないでしょうか。

もし、どうしても記事代行サービスを比較する際に、検索上位表示実績を参考に比較されるのでしたら、【リスティング広告の推奨入札単価】×【月間検索ボリューム】×30%×御社の成約率×【御社がそのキーワードで集客できた際の利益額】で、計算してみてください。その金額が、その記事代行サービスを比較して依頼した業者に支払っても良い外注費用の上限です。

その金額をもとに、比較している企業に、「なぜ、その価格(業者が提案するサービス料金)で、良いんですか?」と、訪ねた後、第2希望の検索キーワードだと、料金はどう変わりますか?と、お尋ねし、あなたが納得いく回答を得られたようでしたら、まずは、3ヶ月発注してみてください。

ちなみに、私たちに同様の問い合わせをいただいても、一切お答えすることはできません。

なぜなら、「成約率」には、検索キーワードとランディングページの精度が大きく影響します。記事代行業者を比較する際というのは、ブログ記事の代行を検討していることでしょうから、成約にもたらすランディングページへの誘導率までは改善できたとしても、記事代行料金内でランディングページの成約率まで改善することは出来ないからです。

検索上位表示実績で示されている対象企業がサポートを否定するような現状、もしくは、実際には上位表示し続けていない現状があり、特定のキーワードで上位表示した際の収益性を計測できない以上、記事代行サービスを比較する際、検索上位表示実績はあてにならないというわけです。

これは、SEOサービスも同じ

だと言うことも、合わせて覚えておいてください。

お客様の声を掲載する理由は?

お客様の声を掲載する…これって、何のために掲載するのでしょうか。私たちのこのサイトも旧バージョンの際には掲載させていただいていました。それは、当時はまだリンク効果が少なからず有効だったことと、掲載することで、お客様に本サイトへの訪問者を送客できるような記事をそれぞれのサイトに配置し(全てのお客様の声ではありません)お客様の声や相互リンクページという形のコンテンツを保有していたからです。

お客様の中には、私のことを応援する意味で、お客様の声に載っても良いよ!と、言ってくださった方もいらっしゃったので掲載させていただいていました。しかし、リンク効果がなくなった後は、手直しをしてお客様の声から詳細ページに訪問者を誘導するような紹介記事を掲載させていただいていました。

この他、前段の記事代行サービス、またはSEOサービスによって検索上位表示を達成した実績を誇示する掲載についてお伝えした通り、お客様の声として企業名を掲載したり、取引実績やサポート企業名を掲載したとしても、お客様のメリットには一切なりません。前述の通り、SEO界には心もとない人たちがいるのも実際ですので、嫌がらせや逆SEO(逆SEOが確かに影響した内容はこちら → サービスポリシー お客様の声を私たちが掲載しなくなった最大の理由)の標的にならないとも限りません。

私たち裏方は、裏方に徹するべきだと考えています。

記事コンテンツを使ってお客様を様々なサービスに対して集めるスキルを有していると自負する以上、お客様の声を掲載して安心感を演出するような記事は、掲載させていただくお客様に何のデメリットも発生しないサービスや商品に限って掲載するべきだと考えています。

記事代行サービスとは、確かに明確な選択基準や比較基準を持たないサービスかもしれません。成果の是非を推し量る方法もないかもしれません。そう言った意味では「〇〇というキーワードで1位」という表示も、お客様の声や取引企業の名前を上げるのは、サービスを検討しているお客様にとっては、ひとつの判断材料になるかもしれません。

ハッキリ言います

私たちのような記事コンテンツを使って、お客様を集めたり、商品を売ったりできるスキルの持ち主は、記事代行サービスを提供しなくても、収入を得る術を心得ています。ですから、記事代行サービスの集客に躍起になる必要はありません。

この点は大いに比較
ポイントとして
活用してください

私がここまで、なぜ、記事代行サービス比較ポイントを長文で掲載しているかというと、どこかで大きな痛手を負ったサイトを記事代行サービスで修復することは、私たちでもできないからです。切望していただいてもお断りさせていただかなければならないわけです。

実は、このことを記載するためだけと言ってもいいくらい、このことが理由で5年ぶりに本サイトに手を加え、大幅リニューアルを行いました。旧バージョンのサイトは、お申し込みしやす過ぎて、記事代行サービスやSEOに関して安直に考える人たちを無駄に増やしてしまっていたのです。

また、ブログ活用やSEO、インターネット活用、アクセス解析の活用などを難しく感じさせる節もあったと感じています。そのため、私たちで公開できる限りの情報を本サイトに掲載し、ご依頼に繋がらなくても、逆に言えば、私たちに記事代行のご依頼を出さなくても、ご自身の労力を少しだけ割いていただければ、十分なブログ活用やSEOから収益を生むことができると実感していただきたいと考えています。

記事代行サービスの比較ポイントと題したこのページですが、どうぞ、あなた自身の労力を割くこと、スタッフさんの時間を割いてブログを運営することとも比較して、記事代行業者を選ぶかどうかを決めてください。

SEOや記事代行サービスの実態

あなたは過去に、記事代行やSEOを依頼したことはありますか?

記事代行サービスやSEOサービスを依頼して、全くブログ記事を書かなかったり、SNSにサイト内のコンテンツを投稿しないってことはありませんよね?チラシや名刺を配ったり、異業種交流会に参加して、ホームページを見てもらうってことも、そんな依頼をしている期間内に「起こらない」ってこともありませんよね。

検索ランキングというのは、何もコンテンツ内容や俗に言う「SEO設定」だけで決まるものではありません。閲覧時間や、サイト内の閲覧ページビュー数など多岐にわたる要素が絡み合って、検索されたキーワードとの親和性を計算し、検索結果に表示されます。

業者に丸投げで、成果が上がったんですか?
違いますよね!

だとしたら、それは、記事代行業者やSEO業者の「実績」だと呼べるでしょうか…

私たちは、記事の代行を行って、記事を納品することもあれば、それらの記事コンテンツの運用の仕方をお手伝いさせていただいたりもします。しかし、実際にホームページを運用するのは、お客様自身です。お客様の働きかけがあって初めて、私たちのお手伝いが報われると、私たちは考えています。

ですから、私たちはいけしゃあしゃあと、自分たちの実績だと表示するのは恥ずかしくてできないのです。言い換えれば、検索ランキングを決めるアルゴリズムは、そんなに単純ではないのです。検索経由のトラフィックを獲得するのは、そんなに複雑なことではありませんが、ランキングを決めるのは複雑なわけです。

ちょっと矛盾した話に聞こえるかもしれませんが、検索経由のトラフィックを増やすのは、あなたが「利用者」だった時のことを思い出せば、それほど複雑でないことを思い出していただけると思います。検索経由のトラフィック獲得を複雑にしているのは、SEO業者そのものなのです。

その理由は、Googleの検索アルゴリズムがブラックボックス化していることに由来しています。しかし、これはこれで仕方のないことなのです。なぜなら、検索アルゴリズムを公開してしまうと、そのシステムのバグや欠陥を突いて、リンクスパムやペイジランクスパム(当サイトでは「ページランク」の名称由来を尊重し、当初の表現だった「ペイジランク」と記載しています。詳しくは『Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター』参照)によって、検索ランキングをかき乱す業者が氾濫してしまい、検索サービスが不毛なサービスになってしまうからです(ちなみに現在は、フェイクニュースやいい加減な情報まで上位表示させてしまうため、検索サービスへの不信感が募っています)。

Googleの検索アルゴリズムがブラックボックスである以上、真面目な取り組みをしているSEO会社も、その仕組みを解明するために複雑なデータを収集し、いろんな仮説を立て検証するため、思考回路が複雑になっています。そして、誰もが認める巨大企業のGoogleがブラックブックスだと発表している内容を「解明した」と、それらの会社は主張するのですから、「実は単純です」と、言っても、誰も信じることはできないのです。

そのため、SEOやホームページ活用は「複雑に語られる」と言うわけです。現に、私自身も「複雑だ」と、言われていることをいくつもの検証と事例をもとに分析して「単純です」と言うことを証明するために、50万文字以上を費やしました。この本はAmazonで「松村工」と、検索していただければ、ご購入していただけます。

繰り返しになりますが、本来、SEOのサポートサービスも記事を代行するサービスも必要ないのです。なぜなら、インターネットはあくまでもコミュニケーション加速ツールにしかすぎないのですから…。

検索エンジンは、その仲介役にしかすぎません。

私たちは(あなた様も含めて)、Googleの方を向いてWEBコンテンツを作るのではなく、おなたのお客様のことを考え、記事を書き、お客様のことを考えて、お客様に閲覧いただける経路で、その記事コンテンツを掲載すれば良いだけです。

その時、Googleも味方に引き入れたいとお考えになるのなら、何を考えているのか公表できないGoogleの歯がゆさを鑑みて、GoogleAnalyticsなどのGoogleツールを使いながら、Googleが望むことをしてあげれば良いだけです。

そして、もし、このGoogleが望むことを、どうやって知れば良いのか?と、言うことを知りたい、そのサポートを受けたいとお考えでしたら、下記より無料相談を申し込んでいただくか、メールマガジンをご購読いただけると幸いです。

私の記事代行サービスを比較するポイント

2013年頃から、本サイトへのご相談の内、4割くらいは、私たちが提供しているような記事代行サービスより、まずは、安価な記事を使いアクセスデータを収集するコツをご案内しています。

その理由は、特にWEBサイトのコンテンツ数(ページ数)が多く、アクセス解析の設定が適切でない場合、目的にあった、また、ホームページの運営方針にあったコンテンツとしてホームページを改善するための適切なデータ分析ができないからです。

この状態で、単価のかかる記事代行は、「もったいない」と言うよりは、むしろ「必要ない」と、考えているのが、私たちの考え方です。

【安価な記事でデータを集めるか、既存ページのSEO設定見直しか】
上記の分岐点をアクセス解析でチェックするポイント(Googleアナリティクス)「集客」→「キャンペーン」→「オーガニックキーワード」でチェックする項目

  1. 右下の表示する行数に表示される数をチェックし、全数表示されるようにする
  2. 右上にある【エクスポート】からデータをダウンロード
  3. データファイルを「キーワード」で並び替える

この作業を行なって、キーワードをカテゴリングする。カテゴリングしたキーワードでもっともトラフィックを呼び込んでいるキーワードカテゴリーが希望しているキーワードになっていれば、既存ページはSEO運用する場合の土台として機能を果たしていると言えます。この場合は、低価格な記事を、そのデータシート内キーワードカテゴリーランキング5位以下10位くらいのキーワードで10記事ずつほど仕入れ、その記事から任意のコンバージョンページへの誘導文(リンクボタンを忘れずに!)を作成します。

そうすることで、新たなトラフィックの入り口を増やすことができます。

上記データをチェックした結果、上記の条件に合わなかった場合は
↓↓↓

既存ページのSEO設定が適切でない場合がありますので、Googleサーチコンソールのデータ「検索アナリティクス」をチェックし、上記と同様のシートを作成。次に、任意でないキーワードでアクセスされているページの記事を書き換えるか、基本的なSEO設定を行いましょう。そして、どのような点に誤りがあったのかをチェックするために、変更内容は記録し、2週間以上、3ヶ月以内データ収集し再度チェックします。

あとは、上記に当てはまるようになるまで繰り返します。

安価な記事を比較する方法

私が、記事の作成代行依頼を出す場所は「ランサーズ」というクラウドサービスで発注します。記事代行.comにご相談いただいた方にも、まずは、ご自身で先のポイントをチェックいただき、「ランサーズ」での、記事の買い方と、承認する際の記事比較ポイントをご紹介しています。

ただ、ランサーズに記事を発注した場合、発注数の30%は必ず買い取らなければなりませんので、発注の仕方がキモになります。実は、この発注方法は、世間話程度であるSEO協会の代表の人に話してあげたら、それから何年もその手法を使い記事を増やし始めていました。その後、セミナーでもその発注方法を紹介していたそうです。所詮、SEO業界の人たちは他人の褌で相撲を取る人たちばかりなので、もう二度と付き合うことはありません。

余談はこのくらいにして…

安価な記事を手に入れるのは発注の仕方が肝

記事代行は、既存のWEBコンテンツがしっかりしていれば、特にSEOに詳しいライターに記事を書かせなくても、上手に使えるようになります。

SEOに詳しいライターに記事を発注するにしても、詳しくないライターに記事を発注するにしても、SEOに詳しいかどうか、WEBコンテンツとしての記事の役割を果たす記事を書けるかどうかを見極めるためには、結局、あなたがそのスキルを持たなければ、どの道、コストを垂れ流すことになります。

まずは、あなた自身がSEOスキルを身に付けることを念頭に置いて、ホームページ活用やブログの運営に携わってください。

クラウドサービスに記事を発注する際は、クラウドワーカーに「質問に答えさせる」形式で、記事を発注します。

あなたが販売している商品を使う人の悩みを聞いたり、その悩みを改善するために、どんなことに取り組んでいるのか。実際に取り組んでみて、効果があった体験談や失敗談を書いてもらえるような質問を「記事作成のお題」として、発注します。

通常、私の場合なら、1記事あたり400〜1,000文字程度の記事を依頼し、単価は文字数とは比例しませんが、150円から500円の間で30記事ほど発注します。

そのお題を見たフリーのライターがお題に沿って記事を書き、あなたが買い取る価値のある記事だと思えば、承認します。買い取るに当たらないと判断すれば保留するだけです。この時1人のライターには3記事まで提出OKという条件で、できる限り1人のライターに3記事書いてもらうように、記事の依頼文を作成します。

記事を承認するかどうかの比較ポイントは以下の通りです。

  1. 記事の内容はリアリティに富み、具体的か
  2. 質問した項目には全て答えているか
  3. 文脈は辻褄が合っているか。また、書く質問への回答文章に繋がりがあれば、秀逸
  4. 記事内に登場する人物像は鮮明にイメージできるか
  5. 3記事(1人が提出して良いと定めた上限記事数)書いているライターを優先的に承認
  6. 否定的(ネガティブ)な内容より肯定的(ポジティブな内容)を採用
    ※ この時、記事内容はネガティブでも、記事の締め方がポジティブな文章で締められていれば、採用の価値あり
  7. 3記事書いてあるライターで、各記事の人物像は共通しているか(共通していなかったら架空の話なので、読者を不快にする場合がある)

以上のことを参考に、提出された記事を比較し、買い取る記事を決めてください。

より、充実した発注にするためには、上記のような内容を「承認の条件」として明記していると、記事の精度を上げることができます。ランサーズでは「記事承認の条件」を書いていても、読まずに記事を提出するライターさんが中にはいます。そういうライターの記事をチェックする時間も削減するために、目立つような形で、承認条件は記載することをお勧めします。

如何だったでしょうか。記事代行業者を比較するにしても、SEO業者を比較するにしても、まずは、あなたがそのスキルを身に付けなければ、結局何の比較にもならないのが、よくお分りいただけたことだと思います。

そして、あなたがそのスキルを身に付ければ、自称専門家に記事をお願いしたりSEOの代行を依頼せずに済むのです。もちろん、そのスキルをあなたがお持ちになり、外注業者をハンドリングできるようで、そのほうがコスト的にも割りに合うようなら、しっかりと比較してアウトソーシング先を見つけてください。そして、もし、そのスキルを真剣に身に付けたいとお考えでしたら、下記よりご相談いただくかメールマガジンをご購読いただけると幸いです。

記事代行お問い合わせ

このページを読んだ人は、次のページも見ています。

初めての方へ

初めての方へ

記事代行サービスを初めて利用しようと考えている方、または、私たちの「記事代行どっとこむ」に、はじめて訪問してくださっている方は、必ずこちらのページをご覧ください。
記事代行サービスには、確実に成果を上げる方法とGoogleの気まぐれで成果につながる記事やGoogleの機嫌を損ねて、検索結果に表示されなくなるような記事代行サービスがあります。特に[…]

詳しく読む

サポート型ブログSEO記事代行

サポート型SEOブログ代行

サポート型ブログSEO記事代行とは、アクセス解析を分析しながらSEOコンテンツとしてのブログ記事を作成代行し、アップいたします。SEOコンテンツには2種類あり、直接読者に閲覧させて、目的ページに誘導する「入口型SEOコンテンツ」と、任意のページへのトラフィックを増やすために裏支え的なポジションとなる「サテライトコンテンツ」があります。「サテライト」と言っても以前の[…]

詳しく読む