手動ブログ記事作成 2018-01-06T13:32:55+00:00

手動ブログ記事作成代行か、それともAIか

手動ブログ記事作成代行か、それとも人工知能(AI)か!この選択を悩ましく思う経営者は少なくないのではないでしょうか。

その理由の一つが、依頼するブログ記事数が多ければ、手動ブログ記事作成だと1記事あたりの単価はそれほど下がらないだろうし、AIを使ったブログ記事作成なら、記事数をたくさん発注すれば、記事単価は下げられるだろうと考えてしまうからではないでしょうか。

ここに、最大の見落としがあります

その理由は、人工知能(AI)を使ったブログ記事生成サービスは、記事数によって発注単価を安く押さえられるのではなく、AI記事生成業者にあなたが渡すデータの数によって、記事の精度が左右されるだけだからです。

記事単価と記事数の関係は、手動ブログ記事作成代行サービスを提供してきた私たちの経験上、依頼数が多ければ、私たちにもまとまった報酬をいただけますので、その分の「営業費」を差し引いて考えることができます。要するに、大量の記事を発注いただければ、それだけ利益率が上がるというわけです。ですから、手動ブログ記事作成代行サービスでも記事数によって1記事あたりの発注単価を削減することはできます。では、何を選択要素として、手動ブロク記事作成を選ぶのか、人工知能を使ったブログサービス、SEOサービスを選ぶべきかをご紹介していきましょう。

本ページは、手動ブログ記事および人工知能を使ったブログサービス、また、AIによるSEOサービスをセールスするページではありません。

手動ブログ記事作成代行は、時代遅れ?

これだけ機械化が進んだ時代において、手書きで(正確には「手打ちで」)ブログ記事をひとつずつ書く作業は時代遅れだという考えもあるでしょう。人はそれこそ「人為的ミス」を犯すために、近年、様々なシーンに機械やシステム、ロボットや人工知能が関与するようになってきました。

それこそ、従来のやり方が時代遅れなのかどうかを判断する場合には、最先端の方法やテクノロジーが、その分野で求められているニーズを満たす状況に達しているのかを冷静に見ていかなければなりません。

流行り文句に流されていては
ダメ!
言うわけです。

では、インターネットの世界において人工知能やAIが、どれだけそのニーズを満たしているのかを考えてみましょう。

ネットにおいてAI導入は時期尚早?、やはり、まだ手動が安心?

その業界において、最新テクノロジーや最新のテクニック、もしくは、最新情報が果たして今後の業界に影響を与えるイノベーションなのかどうかを知るためには、最大手の動向を見るのはもちろん、あなたの身近なところでの状況もみなければなりません。

これと合わせて、出来ることなら開発状況も情報収取できれば、ほぼ見誤ることはありません。

私は最新情報は集めますが、飛び付くことのない慎重派です。ですから、どちらかと言えば、人工知能に関してはあまり期待していません。もちろん、それによって人手不足が多くの産業で解消され、事故によって人が傷つかなくて済むような未来が訪れれば、素晴らしいことだとは思います。

では、ネット界での最大手に関する人工知能導入状況と「身近なところ」ということで、私の身近なところを例に挙げお話を続けますので、あなたの身近な業界に当てはめながら、考察してみてください。

ネット界の最大手といえば、Google、Amazon、Apple、Facebookといったところでしょう。

Googleに関しては、検索エンジンに人工知能アルゴリズム「RankBrain」を導入したと発表されています(「RankBrain」への対策を検索するとバカみたいな理論を展開している人がいるので、落ち込んだ時などにどうぞ。きっとお腹を抱えて笑えると思います)。この人工知能を搭載したGoogleの検索エンジンに関する記事の約2年後にリリースされているCNET Japan『グーグルのAIや「Siri」、知能は6歳以下との調査結果』の記事によると、GoogleのAI、AppleのSiri、中国の検索エンジン「Baidu」ですら、6歳の子供が獲得したIQ指数には及ばなかったと言うことが明らかになっています。

Googleの人工知能といえば「AlphaGo」が有名で、囲碁の世界王者である柯潔棋士に勝利したというニュースを覚えている人も多いでしょう。先の調査結果は、この「AlphaGo」と柯潔棋士が、その場で、漢字の書き取りをやれば圧倒的に柯潔棋士が勝ち、囲碁に関係ない分野で、その日のうちに第3者の手助けなく7戦行えば、中学生でも「AlphaGo」に勝ち越す可能性が高いということを示唆しています。

ただし、第3者が関与した場合は、話は別です。

過去、人工知能がチェスの世界王者に勝利した時、選択肢の多い囲碁で人工知能が勝利するには今世紀中は無理だろうと予測されていました。しかし、そのわずか1年後に囲碁で人間に勝つ人工知能が生まれたのです。チェスに人工知能が勝利したのが2016年です。「今世紀中は無理」と人間の脳で予測した範囲では、後84年は必要と考えたものが翌年に人工知能が、その研究者たちの予測をはるかに上回るスピードで成長し勝利したのです。

この成長スピードは爆発的と言えるでしょう。

この爆発的な改善スピード、あえて「知能」という言葉がついているので成長スピードと言いますが、これを解説するには「ムーアの法則」がもっとも参考になります。「ムーアの法則」とは、インテルの共同創業者ゴードン・ムーアが提唱した経験則ですが1956年のエレクトロニクス・マガジンに「もっとも安価な集積回路(IC)の数は12ヶ月毎に倍になっていると指摘し、今後も続くだろう」と予測したことから始まっています。

その後、ディスプレイの解像度やネットワークの帯域幅などにおいて、「ムーアの法則」の変則版が生まれてもいます(『機械との競争』エリク ブリニョルフソン (著)、アンドリュー マカフィー (著)、‎ 村井章子 (翻訳)日経BP社より)。1年間で2倍ですから2年後にはさらにその2倍で4倍となり、5年後には2の5乗倍ですから32倍ということです。

驚きですね!

でも、本当に驚きですか?

人工知能の学習もとは、どこにあるでしょうか。このことを広範囲で考えると問題が見えなくなるので、インターネットに絞って考えてみましょう。さらに絞って、検索サービスについて考えることにしましょう。

GoogleのAI検索システムは手動ブログ記事をどう評価するのか

人工知能は、インプットされたデータに基づきルールに従って「解」を出すように作られています。さらに進んだ、AIは、そのルールに従って、収集可能なデータベースの中から、さらに必要なデータを集めルールを作り、「解」の精度を上げていきます。

検索エンジンの場合、このデータベースに当たるのが、Googleの検索クローラーによって集められたWEBコンテンツデータを集積するデータベースになります。そして、日々行われている検索行動の行動データです。さらに、このデータベースとGoogleAnalyticsでデータ公開されているサイト回遊履歴データと広告閲覧データを掛け合わせながら成長していくと考えられます。これはさすがに、すごいことだと思います。

では、このようにして成長しているGoogleのAI検索システムに最適化されるコンテンツをAIによって生成するためには、どんなシステムとデータベースが必要でしょうか…。

それは、Googleに匹敵するかそれ以上のデータベースが必要ということになります。

チャンちゃん🎵

まさに、「チャンちゃん🎵」ですね。もうこれ以上AI-SEOやAIによるブログ記事生成サービスについて解説する必要はないでしょう。ただし、AIを私たちのネット活用に取り入れられないかといえばそうではありません。その方法は、アクセス解析データから、最適なアプローチ導線もしくは、サイトの閲覧導線を構成する際には人工知能はおおいに役立ちます。

そうはいうものの、人工知能は学習するためにより多くのデータが必要です。この場合、「多くのデータ」は、アクセス数を指しますので、AIによってこれらの成果を獲得するためには、それ以外の方法でアクセスを獲得しなければならないというわけです。

ただ、まったくAIによるSEOやサイト運営に未来への希望がないのかといえば、そうではありません。AIは、学習するデータさえ与え続ければ、1年間で2倍、5年後には32倍に成長しますので、顧客獲得やトラフィック獲得の精度も(何を基準にその精度改善を数値化するのかは難題ですが)、同じようなスピードで改善されていくことでしょう。

数だけ見ると驚くべき数値になっていますが、もともとこのムーアの法則に用いられた「1」は、集積回路の数です。その後出てきた変則版もディスプレイの解像度ですし、ネットワークの帯域幅です。

GoogleやAppleが開発している人工知能は小学6年生にも劣るという記事に習えば、小学6年生と5年生では、何倍IQが異なるのかを考慮し、この人間の成長スピードを人工知能の成長スピードから除した数値が公開できるようにテクノロジーが進展してはじめて、成長速度を人と人工知能との間で議論できるようになるにではないでしょうか。

人工知能に書かれた小説が何らかの賞を受賞したというニュースが流れた通り、人工知能の文章力は、飛躍的に伸びているようです。しかし、あなたにも小説家の好みがあるように、WEBコンテンツも受け入れられるコンテンツや読みやすいと感じる構成には人それぞれ好みがあります。

しかし、AIブログ記事生成サービスは、SEOを意識しますので、特定のキーワードで上位表示されるような、文章構成を見いだし、そして、読まれやすい文章の書き方を見いだしブログ記事を生成していくことでしょう。

AIブログ記事生成サービスを依頼したA社に対してもB社に対しても、1位を取れるアルゴリズムを(可能かどうかは別として)何らかの方法でネット上から集積し1位を目指す。出来上がったコンテンツは…。

まったく同じコンテンツになるとは思いませんか?

チャンちゃん🎵

現在、GoogleのAIアルゴリズム「RankBrain」は、全体の15%のクエリを処理していると言われています。結果、GoogleのAIは、AIによって高度に成長したAI搭載ブログ生成システムから吐き出されたコンテンツをコピーコンテンツとして適切に認識するか、検索上位表示を目的としたコンテンツと認識し、検索エンジンから排除するようになるでしょう。そして、荒削りで人間味あふれる手動で書かれたブログ記事に対しては「検索上位表示を目的としたコンテンツにしては、お粗末過ぎる」と認識するようになり、適切に検索ランキングに掲載されるようになることでしょう。

手動のブログ記事作成で充分

ですから、AIによって、記事構成をスプリットテストできるのなら、それは素晴らしいことだと思います。サイトの運営者、企業の経営者の行動をスマートライフなどを通じて、ブログ記事を生成するAIシステムが生まれれば、文章を書くのが苦手な経営者に「そう!それを文章で伝えたかったんだ!」と、AIによるブログ生成システムを歓迎することでしょう。

そのような時代になれば、AIブログ記事生成システムはアクセス解析データにもアプローチするようになるのではないかと思います。

顧客獲得に必要なキーワードや傾向を判断し、ブログ記事を生成。そして、サイト内のリンクやボタンもシステムが改善するようになり、サイト訪問者にとってもサイト運営者にとっても、便利なホームページになることでしょう。このようなAI-SEOや人工知能を搭載したブログ支援サービスが普及すれば、商品やサービスを間違って選ぶこともなくなり、素敵な未来になると思います。

しかし…

ナンボかかんねん!

と、言うことです。

ブログ記事なんて、1日1記事でもupしていればゲップが出ます。人気の芸能人でもない限り、毎日upした記事を熱心に読んでくれる人なんていません。ましてや企業サイト、ましてや商品やサービスを紹介するサイトなら、アクセスアップを望んだ1年目だったとしても、3日に1記事でもupしていれば充分です。

大抵の場合、週に1記事でも充分なくらいで、既存ページが整っているのなら、隔週でも良いくらいですし、SNSも併用しているのなら、四半期に一度でも構わないくらいです。

ブログをWEBサイトの成果向上を目的に運営するのなら、この程度の記事数で充分なのですから、AIを導入したところで、圧倒的にデータ数が足りません。結果、人工知能は学習できません。AIは、データベースにしかアクセスできませんから、それ以外の情報から自分を成長させることが出来ません。

機械は疲れませんので、効率を考えず、スピードだけを重視します。効率とスピードアップに関して解説すると眠たくなる話になる心理学ですので割愛しますが、人は、疲れますので「時間」を意識します。だから効率を上げ無駄を省こうとします。しかし、もし疲れを知らなければ、目的を遂行することだけ、その目的遂行スピードを上げるためだけに思考しますので、単純に言えば、「最適化」は行えてもイノベーションは起こさないということです。

手動でのブログ代行サービスすら不必要

ここで、なぜ、私がこれほどまでに躍進を続けるGoogleの検索エンジンが稚拙だと言い続けているのかをご紹介します。

ひとつは、拙著の中にも掲載している「腰痛を治したい」という検索結果に、腰痛を治す施術者に役立つ情報が掲載されないと言うことです。

そして、もうひとつはこの段落のタイトルにある「手動でのブログ代行サービスすら不必要」というテーマで最適化されたコンテンツは「手動 ブログ」「手動 ブログ代行」「手動 ブログ代行 サービス」というキーワードで上位表示する可能性が高いと言うことです。

文末で「不必要」と書かれてあっても手動ブログサービスに興味がある人、手動ブログ記事代行を必要としている人に、「あなたが欲しているサービスは不必要です」と書かれたコンテンツすら提示してしまうのです。

これは、昭和のお父さんが、奥様に「おい!お茶」といって、お父さんが欲しているお茶をお母さんが経験から考慮して出して上げるのとは、わけが違うわけです。ちなみに、Googleで「おいお茶」と検索すると伊藤園のお〜いお茶が1位に表示されます。

このことだけをとっても、ブログの代行サービスを継続的に依頼する必要は、どんな状況にあっても、どんな業態や業種であっても、不必要だと言うわけです。他の理由は、本サイトを読めば読むだけご理解いただけます。無駄な出費をする前に、時間の無駄だと感じるかもしれませんが、数ページ読んでみてください。

手動ブログ記事作成から得られる唯一のメリット

本ページでは、AIによるブログ記事作成サービスは無駄どころかマイナスであって、ネット上にあるAIブログ記事作成理論は、論理破綻しているという内容を掲載しています。それに合わせ、対極にあると考えられている手動ブログ記事作成が優位と言う論調かと思えばそうでもない…。このページは、あなたを迷わせるコンテンツかもしれません。

しかし、もし、あなたがこのページに検索結果から直接アクセスしてくれているのでしたら、Googleは、このコンテンツはあなたにとって何番目かに役に立つコンテンツだとして提示したわけです。

検索上位表示対策って、不毛でしょ?

ただ、そんな中にあっても、手動ブログ記事代行サービスには、唯一と言って良いメリットがあります。それは、ブログ記事の書き方や運営の仕方、活用方法を学ぶきっかけになり、アクセス解析の見方も身につけられると言うメリットです。

逆を言えば、このメリットを満たしていない手動ブログ記事作成サービスは、まったく意味のないお金の無駄になるサービスだと言うわけです。

文章を書くときには、誰でも目的を持って書きます。ひとつの文章にいくつもの目的を持たせれば、その記事の内容は散漫になります。ブログ記事はリスティング広告のようにABテストをすることができませんので、もしかすると、数ヶ月後に似たような記事を書いてしまうかもしれません。そう言った意味でも、このサイトは記事代行どっとこむと言う名前でありながら、一部記事代行サービスをセールスしておきながら、コンテンツのほとんどは「記事代行は必要ない」と言う内容だったり「ブログの代行は費用対効果が悪い」と言う内容で作られた類似ページ満載のWEBサイトです。

しかし、こうしてあなたが本ページを閲覧している通り、アクセス解析の分析法と、その分析したデータから、ビジネスにおける目的を遂行するための文章を書くことができるプロが記事を書けば、こうして閲覧いただくことができ、アクセスデータをまた一つ蓄積し、次の改善に活かすデータを手に入れることができるのです。

この記事を読んでいる、あなたが私に相談を持ちかけるかどうかは、全く別次元の問題なのです。

なぜなら、あなたは、私と同じ手動ブログ記事作成のサービスを提供している同業者かもしれませんし、真剣にブログ運営を悩んでいらっしゃる経営者やWEB担当者かもしれません。

このページは「手動ブログ記事作成」というテーマで最適化させたコンテンツですので、この「手動ブログ記事作成」に興味がある人や関連する人たちは、このテーマに関連するキーワードで検索した結果、このページにたどり着くことがあるでしょう。

その、多種多様なニーズや興味を持った閲覧者を、検索キーワードだけで選別しアクセスを獲得するなんてことはできないのです。ですから、ブログ記事の作成を外注化したり安価な記事を大量に仕入れて、毎月20も30も記事をアップする必要はないのです。

ブログSEOに関して解説したページでもお伝えしていますが、ブログ記事は、検索上位表示よりも、次にどのページを見せられるか、もしくは、次にどのページを見られているのかといった、訪問者の行動に影響を及ぼすブログ記事の作成を心がけなければ意味がないのです。

私たちが唯一と言って良いかもしれませんが、ご提供している手動ブログ記事作成サービスの内容は、記事末に掲載している「サポート型ブログSEO記事代行」のページでご紹介していますので、ご興味がございましたら、お読みください。

記事代行お問い合わせ

このページを読んだ人は、次のページも見ています。

初めての方へ

初めての方へ

記事代行サービスを初めて利用しようと考えている方、または、私たちの「記事代行どっとこむ」に、はじめて訪問してくださっている方は、必ずこちらのページをご覧ください。
記事代行サービスには、確実に成果を上げる方法とGoogleの気まぐれで成果につながる記事やGoogleの機嫌を損ねて、検索結果に表示されなくなるような記事代行サービスがあります。特に[…]

詳しく読む

サポート型ブログSEO記事代行

サポート型SEOブログ代行

サポート型ブログSEO記事代行とは、アクセス解析を分析しながらSEOコンテンツとしてのブログ記事を作成代行し、アップいたします。SEOコンテンツには2種類あり、直接読者に閲覧させて、目的ページに誘導する「入口型SEOコンテンツ」と、任意のページへのトラフィックを増やすために裏支え的なポジションとなる「サテライトコンテンツ」があります。「サテライト」と言っても以前の[…]

詳しく読む