サービスポリシー 2018-01-08T14:45:23+00:00

記事代行.comのサービス提供ポリシー

松村工ようこそ、記事代行どっとこむ の公式ウェブサイトへ。代表の松村です。このページでは、私たちのこれまでと、サービスを提供させていただく際のポリシーをお伝えさせていただきます。

私自身、ホームページを作成するために専門的な教育を受けた経験はありませんし、プログラマーでもありません。SEOに関しても実践に次ぐ実戦で理論と肌感覚を磨いてきました。何度かセミナーに参加したり、SEOやインターネット活用に関する書籍を読みました。会社員時代には「ノウハウコレクター」のレッテルが貼られるくらい教材を買いあさりもしました。しかし、今考えてみれば、これらの経験は、実践の中で多くのことは眉唾ノウハウだったと断言できます。

このページでは、私たちのサービス提供ポリシーをご紹介させていただきながら、きっとあなたも「SEO業者は怪しい」「ウェブ系のサービス会社には、どこか懐疑的になってしまう」という原因を明らかにさせていただきます。このページを読めば、私たちに依頼を出さなくても、ホームページ活用やブログで成果を上げられるようになるでしょう。そして何より、

妙な業者に大切なあなたの資産を蝕まれずに済むようになります。

まずは、5年間放置状態でも顧客を獲得し続けた理由と、なぜ、そのような良好な状態に本サイトがありながら、2017年の年末から本サイトのリニューアル作業を始めたのかをお伝えいたします。

このサイトは5年間放置していました

記事代行.comは、2011年の7月下旬にサービスをスタートしました。30ページほどの小規模サイトでしたが、記事代行関連のキーワードで検索上位表示を果たし、1年間で80ページほどまでコンテンツを増やし、2012年の後半から放置状態にしました。そして、2018年にサービス内容改変とインターネット活用に関わる周辺事情が大きく動き、それも安定してきたと感じたので、大幅リニューアルを行いました。

当時のSEO業界では「リンク対策」による検索上位表示が王道だったのですが、私自身、このリンク対策は会社員(工務店に勤務するファイナンシャルプランナー)だった2008年から、時限爆弾付きテクニックだと感じていたため、一切のリンク対策を行わず、コンテンツを適切に作り、サイト内構造を整理する、基本的なSEOを徹底的に行い、検索経由のトラフィックを獲得しました。

2012年の後半から2014年ごろまで、ほったらかしの状態にあったこのサイトでも「記事代行」というキーワードで1位を獲得し続け、ブログ記事代行やブログ代行という、ブログ関連のキーワードでも上位をキープし続けました。

2012年といえば、スマートフォンとSNSの急速な普及が進んだ時期で、ホームページのスマホ対応が始まり、Googleもスマートフォンに最適化されたレスポンシブWEBデザインのホームページを検索ランキングに優遇するというアナウンスを流した時期です。

そんな中にあって、本サイトの旧バージョンはレスポンシブWEBデザインに改修するわけでもなく、スマートフォンサイトを作るわけでもなく、従来通りのパソコン用使用のみでも2014年くらいまで検索上位表示実績を維持し続けてきました。

このことがなにを物語っているのかといえば、リンク全盛時代であっても、スマホ対応サイトが優遇されるようになった時代においても、コンテンツの質が検索ランキングには大きく影響するということです。

近年「コンテンツSEO」なんて新語がWEB界隈では取りざたされていますが、本サイトでは繰り返しこのことを記載していますが「SEO」とは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとったものです。日本語に訳すと「検索エンジン最適化」のことで、なにを検索エンジンに最適化させるのかといえば、コンテンツそのものです。今更のように「コンテンツSEO」なんて言っているポンコツさんたちは、いったい今までなにを検索エンジンに最適化させてきたのかお聞きしたいくらいです。

きっと、「リンクSEO」なんて言葉が昔少しはやったのですが、彼らは「リンク」のさせ方や仕方を検索エンジンに最適化させてきたのだと思います。その結果、昔から検索結果でたとえ人気のキーワードで上位表示できたとしても、成果に繋がらないということが頻発していたわけです。

新サイトにリニューアルして以降のデータは、またメールマガジンでご紹介しますが、旧バージョンの記事代行.comサイトは、月間セッション数は多い時で2,000程度、2014年以降のアベレージとしては1,000セッションあるかどうかという状況で毎月10件平均でお問い合わせやご相談を頂戴していました。

当時は、SEO関連のセミナーなどで登壇したり、ホームページ制作会社やSEO会社へのコンサルティングなども行いましたが、ホームページ制作会社に関しては、実態をともわない「保守管理料」を聴取し続ける風潮を是正する気が毛頭ない業者があまりにも多いこと。SEO業者に関しては、虫眼鏡対策やサジェストスパムに加え、素人だまし的なでっち上げ理論と、何か起こればブラックボックスとなっている「Googleアルゴリズム変動」による検索順位下落だと言い逃れる風潮がはびこり、是正する気も毛頭ない業界だったので、2012年の終了とともに、私はSEO業界から足を洗い独自の路線を進みました。

「お客様の声」を掲載しない理由

私たちは、実績数を掲載していますが、実質的なお客様の声を掲載するのを廃止しました。その理由は、私たちはあくまでも裏方だからです。そして、なにより、私たちのサポートだけが、お客様の成果を改善させたのではないからです。お客様自身の努力があり成果が改善されたものを、自分たちの手柄のように掲載するのは、私たちとしては、恥ずかしすぎるのです。

このことに加え、実は私自身が過去、SEO業界に敵視されていたことがあります。今もそのような状況にあるかどうかはわかりませんが、過去、お客様の声を掲載させていただいていたお客様のWEBサイトに低質なリンクを継続的に送られ、Googleからペナルティを受けた経験があります。俗に言う「逆SEO」という手法です。当時、Googleは「そんなことをしても意味がない」と、アナウンスを流していましたが、私のクライアントは、まんまと逆SEOによって、Googleペナルティを受けたのです。

リンク元は、ある程度特定することができます。そして、このような悪徳行為をする業者のコンテンツ(リンクファーム)は、単調なもので、施策も単調なものです。追跡は可能なのです。

私も過去、オールドドメインを使ったペイジランク操作による上位表示の裏技テクニックの検証を行なったことがあります。

海外のドメインオークションサイトで、ペイジランクの高いドメインを購入し、WEBサイトには、あらかじめ準備していたコンテンツを流し込み、任意のサイトに高ペイジランクの新サイトからリンクを送る。そうすることで、リンクを送られたサイトのペイジランクは上がり、一気に検索ランキングを上昇させます。

この手法によって、テストサイトは月間平均2,000セッション程度だったサイトが、ダイエット系の人気キーワードで上位表示し、日韓セッション数を10,000程度まではね上がらせました。

中古ドメインを購入し、新しいコンテンツを流し込んだとしても、従来の内容からかけ離れていれば、そのリンク効果はGoogleに察知され次第失います。できる限り上位表示させたいサイトに近い内容のオールドドメインで、ペイジランクの高いドメインをオークションで落札する必要があるのですが、ペイジランクは当時から偽装が可能でした。私たちは地道な調査で、このオールドドメインのペイジランクが本物なのか偽装されたものなのかを特定し、中古ドメインを仕入れていたのです。

現在、オールドドメインのオークションには参加していませんが、この時の経験が、逆SEOによって嫌がらせをさせられた原因を特定することに役立ったのです。現在、オールドドメインサイトは保有していません。テストサイトは検証通り、2014年には、すべてGoogleからペナルティを受け、ドメインを破棄しました。言うまでもなく、その中古ドメインサイトからリンクを受けていたテストサイトともドメインを破棄する結果となりました。

このような事情から、私たちは、お客様の声をサイト内に掲載することを辞めたのです。

サンプル記事の提供はいたしません

各種記事代行サービスをご検討されている人の多くが「サンプル記事の提供」を希望されます。しかし、私たちは、一切サンプル記事の提供を行なっておりません。理由は単純です。

サンプル記事をそのまま掲載するセコイ相談者がいるからです

記事代行サービスを立ち上げた当初、実績のない私たちは、少しでもご安心いただけるようサンプル記事の提供をさせていただいていました。

ご希望の対策キーワードをお伺いし、そのキーワードひとつ一つに対してサンプル記事を提供していたこともあります。時には、サンプル記事に修正依頼をいただき、ご納得いくようなサンプル記事を提出できて初めてご契約ということもありました。

すると、ご相談者の4割以上が、サンプル記事をご自身のWEBサイトやブログに掲載する無料相談者が増えたのです。そのようなことが発生する可能性を私たちは承知していました。ですから、サンプル記事を作った場合は、定期的にその記事代行のサンプル記事が上位表示しそうな検索キーワードをチェックし、信頼できる相談者か否かをチェックしていました。これも、本当に不毛な作業です。せっかくご相談いただいたお客様を疑ってかからなければならないのですから、精神的にやられてしまいます。

2015年には、あまりにも多発したので、無償提供したサンプル記事をひとつにまとめたサイトを立ち上げ、徹底的にその無法者たちを検索ランキングから除外しました。もちろん、私は無駄な仕事にならないよう、それらのサンプル記事サイトはアフィリエイトサイトとし、本サイトへのトラフィックにもつながる施策を講じておきました。

ただ、もう、このようなことは繰り返したくないのです。

サンプル記事がなければ、私たちを信用できないという方は、どうぞ記事代行のサンプル記事を提供されている他社様へご依頼ください。ましてや、ご相談くださる企業様の業務内容や販売ポリシーなどの詳細を知らないまま、サンプル記事が書けること自体が、私たちには理解できません。そんな状態で、もし、私たちが他社に代行記事を依頼したとしても、私たちの営業スタイルにマッチした記事を代行できるわけがないのです。

これと同様に、ご依頼くださる企業様の業務内容や営業方針を知らないまま、私たちは記事を書きません。ですので、「サンプル記事は書きません」ではなく、正確には「あなたの参考になるサンプル記事なんて書けるはずがない」のです。

更に言えば、サンプル記事を読んで、あなたのビジネスに影響を与えることができる記事かどうかを見極めることができるのなら、そもそも記事を外注業者に代行させる必要もないはずです。その眼力を持って、依頼主自身で記事を書くか、自社のスタッフを指導して、記事を書かせれば良いだけです。

ご自身でも書く時間がない、スタッフに教える時間も、スタッフが記事を書く時間もないので、単価の安い外注ライターに記事を書かせたいと考えているのなら、サンプル記事ではなく、記事仕様書を記事代行会社に送ってコンペでもさせればいいだけです。

私たちは、自分たちが行なっている事業に、何の矛盾も感じていません。しかし、ご相談内容に矛盾を感じさせるお問い合わせ者は多数いらっしゃいます。質問していることと望んでいらっしゃることが一致していなければ、私どもがいくらご依頼いただいた通りのコンテンツを納品しても、成果を得ることはできません。

ハッキリ言います
広告配信キーワードを決めるキーワードアドバイスツールで評価の高いキーワードで検索上位して、何が起こるのですか?
検索経由のトラフィックを増やせば、あなたのビジネスは、どうなるのですか?その理由と論拠をお伝え願えますか?

お気を悪くさせたかもしれませんが、上記赤枠のことが理解できれば、「SEO」とGoogleで検索して、リスティング広告が表示される矛盾を理解できますよね?業者自身はお客様に対して「SEOは費用対効果が高い施策です」と、セールスしながら、自分たちは広告によってお客様を獲得しようとしているのですから…

こんな業者にSEOが出来るわけがないのです。

仮に成果が上がったとしても、それこそ、それはGoogleの気まぐれであるか、もっと安い単価で成果を上げることができます。

サービスご提供までの手順

私たちは、本サイトよりお問い合わせメールをくださった全ての方に無料相談を実施してきました。過去、「電話相談は嫌だからメールだけの相談を」と、希望された人もいましたので、メール相談も受けていましたが、現在はご契約前の3回以上のメール相談はお受けしておりません。それも、初回は電話相談を行なった方へのみご依頼前のメール相談を2回まで実施しています。

これらの理由は、ご依頼くださる方々のご依頼料金を低く抑えるためです。

言うまでもなく、ご依頼に繋がらないお問い合わせや相談にも人員が割かれ、時間を使います。これらの補填を企業は、契約の成立したお客様から徴収しています。実質的には仕方のないことかもしれませんので、私がお客という立場なら、それは甘んじて受け入れます。

しかし、私たちが提供しているサービスは、WEBサイトやインターネットを使って、集客効率を上げ、営業効率を上げるお手伝いですので、ご契約に至らなかった業務損失を、せっかく私たちに信頼を寄せてくださり、ご契約くださったお客様から補填いただくわけにはいかないのです。

そのため、本サイトでは、当ページのような「サービス提供ポリシー」を掲載したり、各種サービス紹介ページでも、SEOや記事代行に関する考え方を記載しています。そもそも、私自身、過去何度か、ランサーズさんなどのクラウドサービスを使い、記事を発注したことがありますが、希望する記事を獲得するために、なんども発注の仕方を改善していきました。当初は、自分で書いたほうが、どれだけ早いかと思うくらい手間でした。

もちろん、記事を追加するサイト自体は土台として十分に満足できる仕込みを行なっていました。安価な記事でも、そして、クラウドサービスのライターさんが書く、SEOなどをまったく意識していない記事でも、使い方によって検索経由のトラフィック増大に貢献させることができるのかを検証するために、この実験を行いました。

結果、記事を足す土台となっているホームページに適切なSEOを行い、運営方針さえ定めていれば、その運営方針に従って、安価な記事を足していくだけでも、十分に成果を上げることが出来ると検証することができました。この実験は、健康美容系のサイトや工務店、ファイナンス系、弁護士事務所、クリニックなどの業種で有効であることを確認しました。飲食店舗への誘導サイトを検証用に作って、こちらでも同じようなテストお行なったのですが、飲食店舗への送客は、「私の場合」という条件は付くでしょうが、この方法ではうまくいきませんでした。

このような経験を私たちは実験を通し持っているので、サービスのご提供をさせていただく場合は、必ず現在運営中のホームページを確認させていただき、ホームページの運営方針もお聞かせいただいています。

ただ、ホームページの運営方針と経営方針がマッチしていないケースは多々あります。

多くの企業ホームページを運営している方々は「随時ブログ記事などを足して、アクセスを集めて、お問い合わせを獲得する」という、サイト運営方針だと話します。これは、決して運営方針ではありません。単なる、トラフィックをコンバージョンさせる流れでしかないのです。

ですから、こういった場合は、記事代行などへの依頼とは別に、サイトの運営方針を決めるためのお手伝いをさせていただいています。

初めにアクセス解析のチェックを必ず行なっています

ご依頼のご相談をいただいた際には、必ず初めにアクセス解析のチェックをさせていただいています。その理由は、アクセス解析データが、サイトの運営方針を私に教えてくれるからです。アクセス解析に何の設定もしていないサイト運営者さんでも、アクセス解析データをどのように分析し、どのような改善を加えてきたかを聞けば、ホームページの運営方針として確立されていなかったり、自覚されていなかったとしても、サイトの運営方針が浮き彫りになることは少なくありません。

記事代行や私たちが提供させていただいているサービスを希望されている方々の多くが、サービスを受けることで手に入れられるだろうと期待されている成果と、このサイト運営方針がちぐはぐになっている場合も実は少なくないのです。

この辺りは全て無料相談でお話ししています。

経営方針に沿ったサイト運営方針を確立する場合は、単発の『ブログ運営アドバイス』というサービスをご依頼いただきます。ただ、このご依頼をいただかなくても、無料相談の会話の中でお伝えできる限りの事はお伝えしていますので、ご安心ください。この時「お伝えできないこと」と、言うのは、ご相談者の経営方針や商品開発に関する詳細を細かくお聞きしなければ、お答えできないことに関してです。

ブログ運営方針もサイト運営方針も基本形は、どのような業種業態であっても変わりはありません。例えば、「ブログを書く時間がないから外注業者にブログの代行を依頼したい」というご希望は、業者にブログを代行させても解決することはできません。なぜなら、スキルのある代行業者がブログを代行すれば、お客様が増えてしまいますので、今度は「ブログを書く時間がない」ではなく、「新規のお客様に対応する時間がない」と言う状況や、「既存のお客様に対するフォローを行う時間がない」という状況を招いてしまうからです。

また、ホームページのSEOは、しっかりできていると自負されているご相談者もいらっしゃいますが、ホームページのSEOが、適切にできているかどうかは、GoogleAnalyticsとサーチコンソールを見ながら、状況をお聞かせいただければ、100%鮮明に確認できます。

もし、アクセス解析の導入がなされていなかったり、適切で最低限の設定がなされていない状態で記事代行サービスが必要だと感じているようでしたら、それは、ネット界にはびこる根拠なき噂に扇動されているかもしれません。

GoogleAnalytics、Googleサーチコンソールの設定が適切でない場合は、私たちのほうで無償で設定させていただきます。その後、解析状況を見て、本当にサービスが必要かどうかをご判断ください。
記事代行お問い合わせ

このページを読んだ人は、次のページも見ています。

初めての方へ

初めての方へ

記事代行サービスを初めて利用しようと考えている方、または、私たちの「記事代行どっとこむ」に、はじめて訪問してくださっている方は、必ずこちらのページをご覧ください。
記事代行サービスには、確実に成果を上げる方法とGoogleの気まぐれで成果につながる記事やGoogleの機嫌を損ねて、検索結果に表示されなくなるような記事代行サービスがあります。特に[…]

詳しく読む

サポート型ブログSEO記事代行

サポート型SEOブログ代行

サポート型ブログSEO記事代行とは、アクセス解析を分析しながらSEOコンテンツとしてのブログ記事を作成代行し、アップいたします。SEOコンテンツには2種類あり、直接読者に閲覧させて、目的ページに誘導する「入口型SEOコンテンツ」と、任意のページへのトラフィックを増やすために裏支え的なポジションとなる「サテライトコンテンツ」があります。「サテライト」と言っても以前の[…]

詳しく読む