サポート型ブログSEO記事代行 2018-01-23T17:15:13+00:00

ブログの記事代行を依頼する前にSEOの基本を押さえましょう

記事代行やSEOの外注化を検討されている方々のほとんどが、検索市場で戦うためには、SEOに関する最新ノウハウを身に付けていないと太刀打ちできないのではないか…。と、考えているようです。

確かに、私たちはインターネット界隈の最新情報をチェックしていますが、それは、語り継がれている根本原理に対して、どのようなテクノロジーが生まれたのかをチェックするためです。自分たちの考え方が、世の中が進もうとしている方向と同じ方向を向けているのかを確認するために、最新情報をチェックし、次に起こり得るイノベーションを予測し、時には仮説を立て、自ら検証するために、最新情報や業界の動向をチェックしています。

なにも最新のテクニックやノウハウをすぐに取り入れ成果を出すために最新情報を入手しているわけではないのです。

ここでは、サポート型ブログSEO記事代行のサービスについてご紹介させていただきますが、まずは、「検索市場で勝ち抜くために最新ノウハウは必要ない」ということを、ご理解いただくために、私たちのサポート指針とブログSEO記事作成のポイントをご紹介いたします。

このページをお読みになれば、そもそもサポート型ブログSEO記事代行を依頼する必要もなくなるかも知れません。どうぞ、SEOの根本原理やインターネット活用、ブログ活用の根底を押さえていただき、まずは、実践してみてください。

その実践の後に、サポートが必要だと感じられたり、一定期間プロ集団が書くブログSEO記事というものが、どう言うものなのかを体験してみたいと感じられた際に、ご連絡いただければ幸いです。

 

SEOの最新テクニックは時限爆弾のようなもの

ご存知の人も多いことでしょうが、インターネット活用情報などの中で頻繁に取り上げられる「最新ノウハウ」と言う謳い文句がありますが、これらの類のノウハウやテクニックは、中には本当に成果を上げるものもありますが、すべてと言って過言でないくらい「時限爆弾付き」のノウハウです。

ある一定期間だけ、ほんのわずかな期間だけでも、有効に使える最新テクニックならまだマシなのですが、特にSEO関連の最新ノウハウは、時限爆弾付きのノウハウですので、ある期間が過ぎると、大きな損失に繋がります。

これが、一番厄介なのです。

私がホームページを使った集客を本格的に始めたのは2008年でしたが、当時は「リンク対策」全盛期でした。このリンクを使った上位表示対策は、その後2012年の後半くらいまで隆盛を極めました。私自身、ホームページ活用を始めた頃、この「リンク対策」を知らなかったのですが、自動生成されるコンテンツを大量にアップし「サテライトサイト」と呼ばれる検索上位表示対策用のWEBサイトを大量に作り、そこからリンクを送ると人気のキーワードでも上位表示できるというノウハウは、まさに時限爆弾付きの上位表示テクニックでした。

私も2010年から2013年前半までSEO業界にいましたので、いくつものテストを行いました。ペイジランク付きドメインからのリンク効果の検証やオールドドメインの上位表示効果。リンク三層構造の影響度など、たくさんのサイトを使って、サーバーを分け、テストを行ってきました。

私が実際に検証を行った結果、これらの「SEOテクニック」と呼ばれるほとんどが「Googleに発覚するまで」という、期間限定の施策であることを確認することができました。

唯一、「リンク三層構造」と言われる、コンテンツとリンクの関係を構造的に組み上げる施策は「Googleにバレるまで」と言った怪しい施策ではなく、確かに上位表示施策として効果はあったようです。

ただ、この「リンク三層構造」を作り上げるのは、とても骨の折れる仕事で、あまりお勧めできません。

特に、当初この「リンク三層構造」は、メインサイトとサテライト(リンク供給用)サイトの間で組み上げていくものなのですが、このサテライトサイトがリンク供給のためだけに作られたWEBサイトが横行したため、この「リンク三層構造」も、Googleにバレるまでの時限爆弾付き検索上位表示対策へと成り下がって行きました。

しかし、私は1つのサイトで、ブログ記事以外のコンテンツを作り込む場合は、階層構造を設計し、テーマの論理構造とリンク階層を一致させたWEBサイトの作り込みを行う場合があります。詳しくは拙著『【改訂増補版】実践:小さなサイトの儲かる秘訣、大きなサイトが掘る墓穴。』を、ご一読ください。

この私自身の過去の経験とさまざまな調査の中から、私はホームページ活用に取り入れる施策を次々に削ぎ落としてきました。そして、私が10年来続けている施策とSEOに対する考え方をもとに、この記事代行.comを立ち上げ、今も変わらぬ施策と考え方でサービスを提供しています。

これまで大小さまざまな案件で成果を上げることができましたが、100業種以上300を超える企業のWEB活用で成果改善の実績を残し、記事代行案件はおよそ1,700案件を超え今も増え続けています。

では、前置きはこのくらいにして、本題に入りましょう。

ブログ記事のSEO的意義とは

「SEO対策済みホームページ」や「ブログSEO」と言う言葉を聞いて、SEOされているホームページとSEOされていないホームページの違いはどこにあるのだろうか…。ブログSEOと、SEOを気にしていないブログとは、何が違うのだろうかと疑問を持つ人も少なくないと思います。

長年ホームページ制作会社へのコンサルティングや指導を行ってきた経験から言うと「SEO対策済みホームページ」と、謳っているホームページ制作会社が納品するホームページは、ページタイトルにキーワードを目立つように書いていたり、メタディスクリプション(検索結果に表示される、各ページの説明文。タイトルとディスクリプションは、共に検索結果に表示される)にも同様にキーワードを含ませた説明文を各程度に止まっています。

ページタイトルの書き方には、以前からSEO指南書などに「ページタイトルは、キーワードから始めて…」と、書いてあるものも多く「ページタイトルには上位表示させたいキーワードを2、3回繰り返す」と、記載されているものもあります。

これらは実際に各著者が独自に調査した結果から、「うまく言った施策」を記述しているのでしょうが、実はこれだけでは足りません。WEBサイト内の各ページは全てオリジナルのページタイトルとディスクリプションを書かなければ、意味はありません。

具体的な話をすると、各ページで重複しても良い文言割合は20%だと、私たちは考えています。これ以上の重複文言が各ページのタイトルやディスクリプションに含まれる場合、検索エンジンロボットは、適切に各ページの違いを認識できないと言うわけです。

本文の内容も重複割合は20%。これは、サイドメニューやヘッダー、フッター内容全て含めて、各ページのソースレベル(プログラミング・コードを除く)で、コンテンツ内容に80%以上のオリジナリティを持たせる必要があるわけです。

ホームページに関する「SEO」とは、WEBサイトの根源を考えれば、簡単に施策イメージを持つことができます。WEBサイトは、企業紹介パンフレットであり、各企業が発刊する「雑誌」だと考えてみてください。

各パンフレットや雑誌の書き出し部分には大きな太文字で「見出し」が書いてあり、特集記事の概略や導入文が書かれ、本文へと続きます。その中から気になる特集記事を読者は読み始め、週刊誌なんかは表紙に目次的な意味合いを持たせているものも多いため、そのニュースが掲載されているページを開き読んでいきます。

もし、この週刊誌に掲載された、各特集のタイトルやその概要が、似たような文言が並んでいたとしたら、あなたはその雑誌を読みたいと思いますか?

例えば「月刊ブログ代行が遭遇した、芸能人の不倫現場」「月刊ブログ代行がオススメする今週の映画」「月刊ブトグ代行が過ごした1週間」と言うタイトルが雑誌の表紙に並んでいたら、きっと「ゲンナリ」する雑誌だと感じることでしょう。しかし、「不倫現場に遭遇!あの芸能人も」「恋人と映画に行くなら、これを見ろ!今月のオススメ映画」「波乱に満ちた11月!12月の年末商戦のポイントは」という見出しが並んでいたほうが、読んでみたいと感じるのではないでしょうか。

後半3つの見出しは、キーワードで文章が始まり、全てオリジナル文章になっています。

もちろん、各見出しには「月刊ブログ代行」と言う文言はありませんが、雑誌の表示最上部にはデカデカと「月刊ブログ代行」と、書かれているはずです。これは、各WEBサイトのトップページタイトルに置き換えて考えることができます。

電車の吊り広告でもそうですが、週刊誌名よりも各トピックの見出しに目がいくように工夫されていますし、中身を読みたいと感じさせる見出しが工夫されています。その吊り広告に興味を持った場合に、右下に雑誌名が書かれているので、駅の売店で週刊誌を買うわけです。

吊り広告はインターネットなら検索結果だと考えてみてください。

サイト名や企業名が広く世間に認知されていて、名前を出すことで信頼を与えるほどなら、検索結果に表示されるパーツにサイト名や企業名を含めると、検索者はクリックするでしょう。しかし、そうでないのなら、限られたスペースの中で検索者に選ばれる文言を記載するために、サイト名や企業名は掲載する必要はありません。

SEOをあえて検索結果対策だけに絞って話をすれば、最新のテクニックなどは関係なく、SEOの特別な決まり事があるのではなく、100年以上語り継がれている、心理学でありコミュニケーション技術なのです。

もし、私があなたとお話しする際「わたくし、松村工はこの前、芸能人の不倫現場を目撃したんだけど」「わたくし、松村工がオススメする今月の映画は」「わたくし、松村工の11月は波乱に満ちていたんですけど、その中から12月の年末商戦で勝ち抜くポイントをお話しすると…」と、話し始めたら気持ち悪いですし、聞きたくないですよね。ですが、「この前、芸能人の不倫現場に遭遇したんだけど、誰だと思う?」と、聞かれれば、先ほどの話しかけ方よりも会話したいと思うのではありませんか?

会話の始め方、雑誌の読ませ方、検索結果で選ばれる文章の書き方は同じなのです。

検索結果の場合は、その検索結果に載せるかどうか、どの順番で載せるかは全て検索エンジンが決めることですので、多少電車の吊り広告の条件とは異なります。そうは言うものの、鉄道会社も広告費を出せば、どんな広告でも貼り付けているわけではないので、似た部分は多分にあります。どんな広告を出したいのか、どんな事業を営んでいるのかを事前に鉄道会社もしくは広告代理店に適切に伝えていなければ、効果の出る場所に広告を掲載することはできません。このことは、Googleにコンテンツを認識させることと同じです。

更に考えれば、ホームページは「企画書」だと、考えても良いでしょう。

ブログSEOの意義とは、日刊紙もしくは週刊誌を御社で発刊しているようなものだと捉えると、それぞれの現場でどんなブログ記事を代行すれば良いのか、そして、記事を代行させる際には、どんなことに注意すれば良いのかが見えてくるのではないでしょうか。

そして、ブログ記事を代行させ続けてしまうと、どんな弊害が生まれるのか、ブログ記事の更新頻度は低くても、自社で書けるようになることがどれだけ重要なのかを認識していただけるのではないかと、私たちは考えています。

ブログSEOは代行記事よりもサポートが重要

おそらく、こんな長い文章が記載されているWEBサイトは、それほど頻繁に見たことがないのではありませんか?この記事代行どっとこむ は、旧バージョンのホームページの時から各ページには長文を載せていました。その理由は…

失敗しないSEOを継続するポイントは…

「伝え上手は聞き上手」と、よく言われる通り「よく読む人は、よく書ける人」です。最近は特に広告などでは多いのですが、あまりにも「読まない人」が、増えているので、「結論から書く」という文章術が流行っています。これは、これで良いとは思うのですが、この書き方は「物を売る時の文章の書き方」で、他人を誘導する際の文章の書き方、説得する時の文章術です。そのため、このサイトでも、そんな文章の基本形となりつつある、書き方をすべきだと感じる人も多いでしょうが、その考え方では、最大のポイントを見落としています

その、最大の見落としポイントというのは、「結論から書く」文章を読んだ人は、その文章に誘発され文章を書きません。商品を買い、サービスを受け、その体験から次回もまた買うのかどうかを判断するだけです。言うまでもなく、代行業者に文章を書かせることだけを考えている人に対してなら、そんな記事の書き方でも良いでしょう。

しかし、そんなブログ代行業者の選び方では、SEOがうまく機能することはありません。その理由は、前段の通りです。

私たちは、ブログ代行サービスをお探しの方々に、ブログ代行サービスの本質をお伝えし、成果の上がる、そして改善のできるブログ記事代行サービスとはと言うものをお伝えしたのちに、この考え方に賛同できる方とだけ、お仕事をすると決めているので、各ページには長文の記事を掲載しているのです。

ブログSEOは、代行記事よりもサポートが重要だと言うのは、このことからきています。

では、ブログSEOのサポートとは、どんなことをサポートしてくれるのか?って、疑問ですよね。それは、あなたと私たちで情報を共有し、定期的にそれぞれの感性でディスカッションし、SEOやWEB活用を専門にしているインターネット活用に対する感性を、あなたの現場に浸透させた場合のアイデアを個別に引き出すためにサポートをしています。私たちは…と、言いますか、このディスカッションは、松村が一手に担っているのですが、このようなサポートを継続しているため、松村はたった一人で100業種以上300社を超える企業サイト運営で成果改善を果たし、記事代行案件を1,700件以上も遂行することができているわけです。ただ…

初めから手厚いサポートは必要ありません

ちょっと失礼な言い方になりますが、ブログ代行を検討されている方のほとんどが、SEOに短絡的な結果を求められています。例えば「検索上位表示できれば、そこから多くのトラフィックが発生して…」顧客の獲得や売り上げにつながると、考えているわけです。

この場合、どんなキーワードで上位表示を果たすのかが鍵になるのですが、「検索される機会が多いキーワードなら、上位表示できれば、その機体は叶えられる」と、信じて疑っていないわけです。では、その「検索される機会が多いキーワード」とは、何をもって調べるのでしょうか。きっと、多くの人が、そのツールを「GoogleAdWordsキーワードプランナー」だと、答えるでしょう。

ご存知の通り、このツールはリスティング広告を出稿するためのツールです。確かに月間平均検索ボリュームは表示され、検索される機会が多いキーワードを見つけることはできます。しかし、その検索結果画面にはリスティング広告が表示されています。どれだけ検索数が多くても、広告枠のクリックされる率が圧倒的に、広告枠以外のコンテンツを選択される割合よりも多ければ、仮にSEOが功を奏し、上位表示を果たしたとしても、あなたのコンテンツを閲覧されることはほとんどないわけです。

ネットに限らず(ネットは特にですが)文章でお客様と出会い、行動を起こしていただくためには、あなた自身の文章に共鳴するお客様層を見つけなければ、なかなか難しいことです。テレビでも雑誌でも実はここには同じ原理が働いています。

バラエティ番組を21時に観ている人が好む広告と、お昼前の10:30頃に地元の情報番組を観ている人の属性が違うように…日経プレジデントの10月に出した広告で反応が取れても1月号では反応が取れなかったりするように、同じ属性が視聴、購読、閲覧していたとしても、広告が掲載される(放送される)前後関係に影響を受け広告の反応率は変わります。これと同じように、同じ内容の検索キーワードであっても、細かい言葉の違いや、リンク先の文章の特徴によって、あなたの文章に反応してくれる場合と、全く反応しない場合があるのです。

私たちは記事を代行しアクセス解析をご依頼主と共有することで、この境界線を見つけ、適切なアクセス(反応を起こすアクセス)を呼び込む施策を行い、その趣旨をご依頼様と共有し、私たちの「目線」を依頼者企業の財産として根付かせるお手伝いをしています。

意外と地味なことですし、こんなSEOサービスを提供している他社を私たちはこの10年余り出会ったことがありません。ですから、認知されていなくて仕方がないとも思っています。また。私たちのやり方が全てのお客様に適しているとも考えていません。

そのため、初めから私たちの手厚いサポートを受ける必要はないと考えています。

そのためサポート型ブログSEO記事代行では、アクセス解析を分析した内容を踏まえ、どのようなブログ記事を書くのかといった指針と、これらのブログ記事をアップした後、どのような変化が起これば継続」で、どのような変化が起これば、もしくは、どんな変化も起こらなかったら「変更」するのかを、期間ごとに解説し、ブログ記事を代行します。

このような「運営指針」と「納品コンテンツ(代行されたブログ記事)」から変化が起こるアクセス解析データをチェックいただいて、「なるほど、そういうことか!だったら社内スキルとして蓄積したい」と、お感じになった時に初めて、完全なサポートをご依頼いただければと考えています。

サポート型SEOブログ記事代行サービス概要

本サイト内で解説している各サービス名称に「サポート」や「指導」という文言のあるサービスは、定期的な電話ミーティングを実施するサポートプランです。これらの文言のないサービスは、基本的に、ご依頼時のミーティング内容を踏まえて、サービスの提供を始め、その後の改善などは、ご依頼社とのミーティングを経ずに、アクセス解析データを参考に私たちの判断で変更を加えサービスを提供させていただきます。

ブログ活用はただ単に記事を足すことが必ずしもプラスに転じるとは限りません。そのため最低記事納品数はご契約前の無料相談でお伝えしますが、それ以上の記事の追加は起こらないかもしれませんし、ご契約ないようによっては、過去記事に手を加えるだけになる場合もあります。

では、サポート型ブログSEO記事代行のサービス内容をご紹介します。

サポート型ブログSEO記事代行は、以下の手順と内容でご提供いたします。

  1. 既存ホームページの調査
  2. サイト運営指針の決定(お客様とのミーティングを経て)
  3. 既存ホームページのSEO設定
  4. 貴社提供資料の読み込み
  5. ブログ運営方針の決定
  6. クール間運営方針ミーティング
  7. ブログSEOコンテンツの作成代行

3ヶ月1セットでご契約。

※締め日+2週間のアクセス解析を分析し、翌締め日までの運営方針を決定。毎月10〜30分程度のミーティングを実施

サポート型SEOブログ記事代行を概ね6ヶ月もしくは、長い型でも9ヶ月ほど受けられると、ほとんどのご依頼主は、「ブログ運営指導」にプランを変更し、自社でブログ記事を書き、私たちが添削するような社内スキル向上へとシフトされます。

その後は、添削も必要なくなり、ブログだけではなくホームページ全体の継続的な改善作業の相談をお受けするサイト運営サポートにプラン変更をしたのち、私たち記事代行.comのサポートを卒業されます。

このように、記事コンテンツとしてのオウンドメディア運営スキルを社内に根付かせたお客様の中には記事コンテンツ以外のオウンドメディア戦略へとさらなる展開をされる企業もあります。そこまでは流石に人員的にも費用的にも多くのコストが必要になりますので、「特例」として、頭の片隅に残しておいてください。

私たち記事代行.comを運営している「ボナッポ」では、記事コンテンツ以外のオウンドメディア運営サポートも実施していますが、特に映像や放送関連のオウンドメディア運営を行う場合は、私どもの協力者と共に実施することになります。相乗効果には目を見張るものがありますが、まずは、ブログ運営とブログをSEOすることで、どのような変化を手に入れられ、どんな成果が見込めるのかを体験してください。

記事コンテンツでのオウンドメディアがうまくいけば、あとは、どんな表現手法のオウンドメディアでも上手く行かせることができます。なぜなら、映像にしろ音声にしろ、全ては「台本(文字コンテンツ)」がありますし、記事コンテンツのオウンドメディアも含めて、全ては企画と「露出のさせかた」なのですから。

記事代行お問い合わせ

このページを読んだ人は、次のページも見ています。

ブログ運営指導

サポート型SEOブログ代行

ブログ運営指導とは、基本的にブログ活用の成果改善はもとより、費用対効果を上げるためのアクセス解析分析法やブログ運営に関するアドバイスを行うサービスです。サポート型ブログSEO記事代行とは異なり、一から記事を代行作成するのではなく、お客様が書かれた記事に添削や加筆を行うサポートです。前者より価格が安くなる場合もあれば、状況によって[…]

詳しく読む

初めての方へ

初めての方へ

記事代行サービスを初めて利用しようと考えている方、または、私たちの「記事代行どっとこむ」に、はじめて訪問してくださっている方は、必ずこちらのページをご覧ください。
記事代行サービスには、確実に成果を上げる方法とGoogleの気まぐれで成果につながる記事やGoogleの機嫌を損ねて、検索結果に表示されなくなるような記事代行サービスがあります。特に[…]

詳しく読む