ブログSEO対策

ブログ記事代行ブログ運営代行
ブログでネット集客
シェア
記事代行.com >  ブログSEO対策実践記 > 人の欲求を満たすSEO対策キーワードの選び方と手順

実績無しを売りにして一気に実績を作る方法 << 前回の記事はこちら

人の欲求を満たすSEO対策キーワードの選び方と手順

SEO対策で成功してアクセスは集まっても売上に繋がらないのは、これからご紹介する【人の欲求を満たすSEO対策】が行われていないからです。

ホームページ活用の第一歩はアクセスを集めることですが、集まったアクセスを顧客へと導く導線がなければ、当たり前のことですが売上には結びつきません。

さらに、人の欲求に【一般的なもの】はなく常に変化しているということを忘れないで下さい。また、欲求はそういった欲求を持っている人からしか正確な言葉も発せられない。

これはセミナーなどでもお話しすることですが、これだけをお伝えしたのでは、難しく感じさせてしまったかもしれません。
では、当時まだ、SEO対策が何たるかも知らなかった頃から実践していた単純な方法をご紹介していきます。

実践しさえすれば、必ずあなたにもたくさんの武器が備わることでしょう。

 SEO対策キーワードは、Googleに聞く

Googleの検索結果

 自分の商品に関連するキーワードが思い浮かばない。
実際にどんなキーワードで検索されていて、ライバルサイトはどんなキーワードでSEO対策をかけているのか分からないそんなときは、実際にGoogleで検索してみるのが一番速い。

上図は、【ワイン】というキーワードで検索した結果です。薄く広告欄をぼかし状態にしていますが、そのすぐ下に赤枠で囲んだ【他のキーワード】という関連キーワードを表示してくれています。

Googleでの検索結果下部Googleはこの他にも検索結果の一番下に関連キーワードを幾つも教えてくれます。

キーワード選びに迷った場合は、まずGoogleで検索するのが一番簡単です。

以前は、Yahoo!でも同じように関連キーワードを教えてくれていたのですが、2012年3月頃から、仕様が代わりました。

あなたがもし、ワインを販売しているようでしたら、上記10個のキーワードでまずは無料ブログに記事を書くことをお薦めします。

そして、HPの該当ページへキーワードでテキストリンクを張りましょう。
この他には、Googleアドワーズに登録し、キーワードアドバイスツールを使うことでもっと多くの関連キーワードを見つけることができます。

 キーワードの意味に固執しない

 たくさんのキーワードを抽出した後にぶち当たってしまう壁が、キーワードに関するテーマで記事が書けないという現象です。

例えば、上記のキーワードではワインのカロリーや保存方法に関してはブログ記事も書きやすいかもしれませんが、「銀座」というキーワードが絡んでしまうと、書きにくくなってしまいます。
あたなが、大阪は梅田でワインショップとネット通販を営んでいればなおさら、銀座でワインというキーワードでHPのサブページどころか、ブログ記事すらかけないと思ってしまうかもしれません。

しかし、こうは考えられないでしょうか。
先述のキーワードで検索する人は、銀座でワインを飲みたいと考えているかもしれませんが、この方は家でワインは飲まないでしょうか?

銀座で飲んだワインをお友達にプレゼントすることを考えることはないでしょうか。こういった検索者のキーワードに関連する行動を想像してみて下さい。

 まずはブログ。難解なアクセス解析は不要

公式サイトへのアクセスを呼び込み購入ボタンやご予約ボタンをクリックするなどして、お客さんになっていただくのがインターネット活用の目的ですが、いきなりホームページをいじっていたのでは、予算がいくらあっても間に合いませんよね。

ご自身でSEO対策を施したホームページにコンテンツを足していくにしても、その後アクセスされにくいHPだといつまで経っても顧客獲得には繋がりません。
なぜなら、ただキーワードを盛り込んだページを作っただけでは検索上位に表示されるのも難しいですから、アクセスは集めやすいところから集めるというのが王道です。

その点、無料ブログサービスは検索にも強いですし、無料ブログサービス内の新着記事のお知らせなどで、アクセスを運んでくれます。
また、ツイッターやFacebookとの連携も簡単にできたり、既にそういったボタンなどを設置してくれている無料ブログサービスもあります。

こう言ったアクセスされやすいブログに記事を書き、どのキーワードで書いた記事がより多くアクセスされているかを、無料ブログサービス内で提供されている簡単なアクセス解析だけで調べます。

トップ3のキーワードを選び、【もう一語】キーワードに足し記事を書き足して下さい。
その3つの中から最もアクセスがあるキーワードでHPのコンテンツを作成します。

文章はコピー&ペーストですとコンテンツの質を問われますので、内容は同じでもキーワードは同じでも言い回しを変更します。

こうやってアクセスされるページというものを作っていきます。
ブログ記事は書き足せば書き足すほど過去記事としてアクセスされなくなっていきますが、HPという静的ページは、過去のページとして埋もれることはありません。

どんなページが読まれるかなど、どんな書き方が購入ページへアクセスを誘導できるかは、実際にインターネットユーザーに聞くしかありません。
難解なアクセス解析や文章術を学び時間があったら、ブログ記事というコンテンツをインターネット上に出していく。

こうすることで、コンテンツの量を増やすこともできますし、実際にブログ読者の中から顧客を獲得することができます。

続きはこちら> 1つのキーワードでたくさんの異なる内容の記事を作成するコツ

ブログ記事代行.com問い合わせ