ブログSEO対策

ブログ記事代行ブログ運営代行
ブログでネット集客
シェア
記事代行.com >  ブログSEO対策実践記 > 実績無しを売りにして一気に実績を作る方法

実績無しでも怖くない「選んでもらう」ためのネット戦略SEO対策 << 前回の記事

実績無しを売りにして一気に実績を作る方法

地場工務店という地域限定のサービスを展開している会社に勤め、住宅に関してはずぶの素人。もちろん、住宅ローンに関しても知識などもなく、ファイナンシャルプランナーの資格を取得し金融知識は身に付けたものの経験、信用は共にゼロ。

更に、この地域に居を構えて1年程度と人脈もない。
もちろん、新人の成り立てファイナンシャルプランナーに近付いてくる顧客もなければ、FP業界の権威が力を貸してくれることもない。

こんな完全にゼロからのスタートでインターネットを使い一気に実績を作り売上に結びつけた方法をこれからご紹介します。

この方法を初めに思いついて実践したのは、繰り返しになりますがFP時代。それから5年後、この記事代行ドットコムを立ち上げた際にも行いました。
この時は、3ヶ月で50社を集客。
その後、半年で事業を軌道に乗せる際にも実践した方法です。

 実績がないからこそ使える「無料」「お試し」「簡単」

 人は、感覚的に実績の素晴らしいものは高額、そうでないものは安価だと感じます。
また、実績のあるエキスパートは近寄りがたく、新人には親近感すら覚えていただけることも少なくありません。

しかし、同じ新人でも生意気な新人よりも一生懸命な新人を人は応援したくなるものです。
あなたは違いますか?

ですから、この戦略は地道な努力無しでは不可能です。
では、前置きはこのくらいでFPに成り立ての頃、松村が行ったブログ戦略とSEO対策キーワードの「使い方」についてご紹介します。

まず、初めに行ったのはブログでの住宅ローン選定に必要な情報発信を、「FPになり立てだから学んでいるというスタンス」で記事にしました。
事実、ファイナンシャルプランナーの知識はあっても、数多ある住宅ローンの知識は限られていましたので、学んでいるのは事実ですのでここに戦術的な要素はありません。

関連書籍を読み、考察を加え1テーマ1テーマ記事にしていきました。
ブログ読者は関連書籍からの情報と、それを読んだ専門家(新人ではありますが)の考え方に触れることができます。

 そして、ブログのサイドカラムには「無料メール相談申し込みフォーム」を設置。
記事には

住宅ローン相談会とメール相談の違い
営業メールは行わないこと
なぜ、利益にならないメール相談を行うのか
なぜ、営業エリア以外の相談にも応じるのか
メール相談の受け方とその後の活かし方
などなど

このような記事を書き溜め、メニューからいつでも該当記事が読めるようにし、住宅ローンの選び方など学んでいった内容を掲載していきました。

それから、一般的に行われている「無料サービス」のほとんどは、その後の販売とセットになっていることを伝え、その違いを訴求し安心感を得ていただきました。

そうやって、住宅ローン「無料相談」「無料メール相談」「お試し相談」「お試しメール相談」といったテーマで記事を書き、全国からメール相談を頂き、必死になってその回答に務めました。お試しメール相談というのは、特に住宅ローンなどのプライベートな面に入り込む商品の場合はたとえ無料であってもなかなか踏み込んで相談できないものです。

そのため、簡単な質問や初回の相談から回答内容、対応の仕方などが気に入っていただけたら、次々にご質問ご相談くださいという形式の相談で実施しました。
もちろん、無償ですべて行いました。

なぜなら、このサービスで私が欲しかったのは売上や金銭的な利益ではなく「実績」と「自信」そして「相談者の声」だったからです。

 無料キャンペーンやサンプル戦略が当たらない理由

 フリーミアムという言葉も普及し、無料サービスなど様々なフリー戦略を最近は見かけます。インターネットでも「〇〇無料」で検索してみて下さい。
とてもたくさんのコンテンツがヒットするはずです。

そして、昔からあるサンプル戦略。
「無料サンプルプレゼント」なんて言葉もよく見かけますよね。でも経費ばかりかさんで結果が出ない。この理由が先ほどの段落でお伝えした、「顧客にならない層へのアプローチ」と「その後の販売を目論んだ無料戦略」との大きな違いです。

無料の理由
お試しができる理由
安い理由

これらが明確でない限り、ユーザーは行動を起こしてくれません。

そして、SEO対策に設定するキーワードに「無料」「お試し」「簡単」などを含めると、なかなか上位表示できませんので、キーワードには設定しませんし、こういったキーワードで上位表示は狙いません。

狙うキーワードは、住宅ローンを学ぶ中で書起す内容の中から、選択し記事のテーマをそのままキーワードとします。大きなキーワード(この場合なら「住宅ローン 選び」など)では銀行などに到底かないませんので、このキーワードに関連する他のキーワードを選び、またメインのキーワードの周りにあるキーワードを選ぶようにします。

例えば、住宅ローンでしたら金融機関は無料相談会、や住宅ローン相談会というキーワードでページを作っていたりしますので、そのページにお邪魔して【相談に乗るポイント】を記事のテーマとして情報を出す訳です。

記事の書き方に関しては更に詳しくお伝えしていきたいのですが、今回は「実績無しを売りにして一気に実績を作る方法」ですので、このことに関しては次回に譲りたいと思います。

では、最後におさらいです。

 実績無しを売りにして一気にネットで実績を付ける方法とSEO対策

とても重要なことが、まず2つ。
1つ目は、実績がないことを偽らない。
2つ目は、実績を短期間に積み上げるためには、それ相応の努力が必要

そしてただ単純に言えば、
この2つをブログ記事として掲載していくことの繰り返しになります。

そして、大前提

ビジネスとはモノやサービスを売ることではなく、その商品サービスを使って顧客がどう買われるかを提供するもの

このことを抑えると、自然に「無料サンプルプレゼント」なんてキーワードが成果に繋がらないことは簡単に想像がつきます。

こういったキーワードで検索する人は、その商品から得られる効果や改善が欲しいのではなく「無料サンプル」が欲しいのですから・・・。

ブログのSEO対策に用いるキーワードは、「人の欲求を満たす言葉」もしくはその周辺の言葉なのです。

では、次回はこの「人の欲求を満たす言葉」もしくはその周辺の言葉を見つける方法について、10年来実践してきた方法をご紹介致します。

この記事をお読み頂ければ、本、記事代行ドットコムが同業種のクライアント様に対してもサービスを提供できる理由。そして同じジャンルの商品を取り扱っている企業様からのご依頼に応えられる理由と、そしてなにより、これからでも御社自身がSEO対策を始めて成果を出すことができる確かな理由を手にしていただけます。

続きはこちら> 人の欲求を満たすSEO対策キーワードの選び方と手順