プロフィール記事作成

ブログ記事代行ブログ運営代行
ブログでネット集客
シェア
記事代行.com > プロフィールの書き方 > プロフィールページをSNSに投稿

プロフィールページはSNSとリンクさせる

プロフィールページが出来上がったら、Facebookをはじめとするあなたが参加しているSNSとリンクさせましょう。

無料ブログなどを行なっている場合でしたら、無料ブログに記載するプロフィールは、あなたのホームページのプロフィールを読んで頂くための、導入記事に変更しましょう。

なぜなら、同じ文章を無料ブログにも掲載すると、そのページは「コピーページ」となり、検索エンジンから大変嫌われてしまいます。ですから、これまで経歴や実績などを列挙していたプロフィールでも重複する箇所が多々出てくるはずですので【重複コンテンツ】の判定を避けるために、あなたの公式なプロフィールページへの誘導文へと変更するのが望ましいわけ案んです。

そうすることで【外部サイトからのアクセス流入】を獲得でき、この流れはあなたのホームページのSEO対策にも繋がります。

記事代行Facebookで、お友達のブランディングを支援

 Facebookにあなたのプロフィールページのリンクを掲載したら、お友達にそのことを伝え「いいね!」をクリックして頂き、「私(あなたのお友達)には、こんなステキな友達(あなた)がいる」という、あなたのお友達のブランディングをお手伝いして上げてください。もちろん、あなたがお友達のプロフィールを紹介することも忘れないでください。

SNSはどうも個人のブランディングツールのようにとられるケースが多いようですが、自分のブランディングばかり気にすると「目立ちたがり」の烙印だけ推され、逆効果です。

そもそも、SNSで繋がっているのは「新規顧客ではなく、既存の友達」ですので、彼等彼女等に対してブランディングしたところで「うざい」だけです。

SNSで有効なのはあなたの人物像もそうですが、それ以上にあなたが持つ「繋がり」です。「あなたが誰に支持されているのか」「あなたを支持している人は私は支持できるのか」ということによってSNSの繋がりは広がっていきます。

これをひっくり返すと、【権威ある人物に近づきたがる】という人物が出てくるのですが、SNSからリアルな付き合いになった時に、もしくはSNS上での繋がりが広がった時に大きなダメージを受けることとなりますので気を付けてください。私はそう言った輩を2010年のTwitterブームや、その後のFacebookブームで嫌という程見てきました。

私が考えるSNS活用というのは、ひとりの権威ある人物とのコネクションより、あなたを応援する盤石な人間関係とあなたが応援する数多くの友人との繋がりによって活性されるものだと考えています。

言い換えれば、ネット上の繋がりよりもリアルでの繋がりが、ネット上のSNSが流行すれば流行する程、重要になってくると考えています。

このことを踏まえて、プロフィールページを作成しSNSからそのページにアクセスできるようにすることで、あなたを必要とする方がSNSを通じ、あなたの友人という信頼関係の上にのり、あなたのもとへとやってきます。

後はあなたが、その友人のメンツにかけ、その新たな友人にあなたが持てる最高のサービスを提供することで、あなたの友人も、新たな友人も、あなたと友達になれたことを誇りに思い、新たな友人を連れてきて頂けることでしょう。

記事代行プロフィールページ作成のまとめ

1. プロフィールの書き出しには2通りある
(ア)問題提起と共感方式
(イ)ありきたりな、自己紹介と挨拶文

2.冒頭分は、ありきたりな自己紹介と挨拶で始める。
特に1行目は「ようこそ」で始める

3.生まれた場所から、生い立ち、少年少女時代から学生時代、社会人への突入へと遍歴をエピソードを交えながら自分のことを話す。

4.3.を受け現在のビジネスに結びつけるが、関連性が無くても心配はいらない。「未だなぜこのビジネスに熱中しているのか分からないが」という1文を足すことで、それまでの経緯が全て今のビジネスへの情熱へと本人も意識しない領域でのめり込ませている事実を明記できる。

※「そんな情熱など存在しない」という方は、さっさとそのビジネスから足を洗おう!

5.「あなたという人物に引き込ませたら」次は、信頼するに値する情報を記載する。
(ア) 資格や実績を載せるが列挙するのは控えよう
(イ) 権威のある資格を持たなくても心配ご無用
(ウ) (イ)を強味に変えよう
(エ) 「資格+人物像」「実績+人物像」が鍵となる

6.買うことを忘れさせず、行動を起こしてもらう
(ア) 閲覧者はプロフィール文でお腹いっぱいになる事がある
(イ) 買うことを忘れさせるくらい、「あなた」にフォーカスさせよう
(ウ) (イ)が成功すれば、商品ページに戻った閲覧者は「購入する」のボタンを押すだけ。
(エ) 最善は「チェックした商品に戻る」のボタン(プログラム制御が必要)
(オ) (エ)ができなければ、
 ① もっとも購入して欲しいフロントエンド商品
 ② お問い合せ
 ③ 資料請求
 ④ メールマガジン登録
 ⑤ 連絡先電話番号
などを掲載する

7.プロフィールページができたらSNSへ
(ア) Facebookであなたのプロフィールページを紹介し、お友達にそのことを伝えよう。
(イ) あなたの友達にも「プロフィールページの作り方」を紹介し、あなたがその友達を紹介したいことを伝えよう。
(ウ) SNSは個人ブランディングではなく、友人のブランディングを意識する相互協力に成功の秘訣がある。

プロフィール記事作成に関するお問い合せや、プロフィール記事の作成代行はこちらからご相談ください。

お問い合せ
↑クリックするとお問い合せページへ移動します↑

記事代行プロフィール記事作成代行サービス内容

1. ヒヤリング:電話or面談:60分程度
2. 原稿作成&素材アドバイス:電話or面談:60分程度
3. ページ作成代行

料金:50,000円(税別)〜

【特典】あなたのプロフィールページをFacebookページ「イチ押し!」で「イチ押しの専門家」という形でご紹介させて頂きます。

イチ押し!

【得点2】私が運営するTwitterアカウント(約86000フォロワー)及び、上記「イチ押し!」のTwitterアカウント(約57000フォロワー)にてご紹介させて頂きます。

松村Twitterアカウント

イチ押し!

お問い合せ
↑クリックするとお問い合せページへ移動します↑