プロフィールの書き方

ブログ記事代行ブログ運営代行
ブログでネット集客
シェア
記事代行.com > プロフィールの書き方

プロフィールの文章でもSEOを意識しよう

プロフィールの文章でSEO(検索エンジン最適化)を意識されたことはございますか?

SEOと聞くと「〇〇というキーワードで上位表示」と短絡的に捉える方が少なくありませんが、この場合だと「プロフィールページ」の文章は、履歴書に記入するものより味気ないものになってしまいます。

しかし、検索エンジンシステムに最適化する、検索エンジンを利用するユーザーの心理に最適化するという基本に忠実なSEOを意識すると、それは「読んで頂けるプロフィールページ」となりSEO要素のひとつでもある【滞在時間】を充分に確保でし、次のアクション(購入やお申し込み、問い合わせなど)を通じページの移動(閲覧ページ数の増加)を誘発し、コンバージョン率の増加をももたらしてくれます。

更に、昨今Googleではオーサーシップという「コンテンツの作成者」を明確にする機能を組み込み、Google+と連携させた「信頼できるコンテンツの指標」とも受け取れる仕組みを始めています。

加えて、私がプロフィール文章にSEO的観点を取り入れることを推奨している理由はもうひとつあります。それはSNSとの兼ね合いです。(ソーシャルシグナルも少なからず蓄積していく取り組みです。)

記事代行SNS全盛時代だからこそ、プロフィールページにSEO要素を盛り込む

 昨今FacebookをはじめとするSNSがWeb活用をする上で非常に重要視されています。中にはSNS活用に対する費用対効果に疑問視する声がありますが、情報を拡散することと情報の質とは別次元の話であり、費用対効果の多くは「情報の質」に依存し、次いで「拡散力」が影響すると考えているからです。

情報の質が低ければ、いくらSNSを使った拡散を行なってもマイナス効果は出てもプラスに働くことはありません。逆に情報の質に自信があればSNSの力を使って拡散することはビジネスを進める上で非常に費用対効果が高いことは言うまでもないからです。

これまで、10数年コンテンツSEOという視点から情報の質を高め、検索エンジン(特にGoogle)に評価されるコンテンツを作成することで、少ないアクセス数においても非常に高いコンバージョン率(顧客転換率)を実現することを可能にしてきました。その証拠に当サイトは月間ユニークユーザー数(UU)は1000UUを超えません。しかし、公開依頼、私のビジネスにおいて盤石な顧客と収益をもたらしてくれています。

また、これらの取り組みに加え、SNSをアクセスUPに取り入れたクライアントサイトでは、コンテンツSEOのみの実践と比べ、驚く程のスピードとSNS広告を利用した場合の費用対効果は検索エンジン連動型の広告とはまた違った戦略を可能にし、予算に応じた幅広い選択肢が用意されていることを、私と私のクライアントは身を以て体験することができています。

その中でも特に2013年より力を入れ、その実践労力に対しあまりある効果を発揮してくれるのがプロフィールページ文章のつくり込みです。

ここではまず、基本的なプロフィール文章の作成方法をお伝えし、次いでそこから生じるSEO効果とブランディング効果を経験則に沿ってではありますがご紹介致します。

記事代行プロフィールページ作成方法

独自のホームページを運営している場合は特にプロフィールページ作成のフォーマットが固定されていることは無いでしょうから、自由にプロフィールページの作成を始められることと思います。

基本的には、プロフィールページもセールスページも同様で、そこで訴求するものが「製品」なのか、それとも「あなた」という人物なのかの違いしかありません、従って、プロフィールは次の流れに沿って構成されていきます。

1.対象顧客へのメッセージ
2.生い立ちなどのエピソード
3.信頼の獲得
4.購買への誘導
5.SNSとの連携

以上6つのステップでプロフィール記事を作成していきます。

プロフィール記事の書き方 プロフィールページの作り方 プロフィールページ SEO SNSに効くプロフィール プロフィール記事作成