SEO 福岡SEO 福岡相談

逆効果

評価の低いページからのリンクは逆効果なのか

評価の低いページからリンクにマイナスの被リンク効果があるかどうかが、過去のペンギンアップデート以降話題となりました。

Googleのマットカッツ氏のブログでは、質の低いウェブスパムに該当するページからのリンクやリンクファームによる意図的で悪質な検索順位の操作を行なう目的だけのサイトからのリンク効果を無くしたと言ったような発表はなされていますが、ページの評価を下げるアルゴリズムをリリースしたという発表はなされていません(2013年7月現在)

しかし、Googleがリンクを貼られることが嫌な場合や、質の低いリンクを削除したい人のためのツールと言ったようなものまでリリースしたこともあり、質の低いページからのリンクはSEO的にマイナスである可能ような話が蔓延しました。

もし、これが事実ならどういったことが起こるか!

劣悪な質の低いページからのリンク効果が仮にマイナスに働くのなら、SEOはこれまで以上に操作可能になります。

なぜか!

現在は質の高いページからのリンクには効果があるとされ、逆にそのページの質を高めるため、またライバルサイト以上のページ評価を得るためWebマスター達は日々努力を行なっているわけですが、劣悪な質の低いページからのリンクでライバルを蹴落とすことができるのなら、過去で言うならワードサラダで作成した自作自演の劣悪サテライトサイトやコピーサイトを乱立し、ライバルサイトに対してリンクを送れば順位を下げることが出来るということになるからです

質の高いユーザビリティに富んだwebサイトを作成するのには専門的な技術や特殊なスキルも必要でしょうが、逆方向の劣悪サイトの量産なら程度の低いツールでも可能です。

こういった状態に陥ったならどうなるか、検索上位には質の低いライバルを蹴落とすことばかりを考えているwebサイトが上位表示するわけです。

きっとそんな状態になればユーザーは「検索」をしなくなることでしょう。

SEOを福岡で依頼するなら記事代行。