SEO対策記事作成代行 2018-01-24T08:18:28+00:00

SEO対策記事作成代行は数時間後には成果を運ぶ

SEO対策という言葉を使うのは、実は私の本意ではありません。ただ、いくら私にこだわりがあったとしても、世間一般的に検索上位表示対策のことを「SEO対策」と呼ぶのなら、WEBコンテンツ上だけでも、私は迎合します。

これが「SEO対策」です
(笑)

ですから、これまでの経験上、適切にSEO対策を理解すれば、数時間後に検索経由のトラフィックを獲得するようになります。

3日経っても検索経由のトラフィックを獲得できなければ、当初の考え方に改善を加えて、可能な限り24時間以内にトラフィックが発生し始めるコンテンツを作るのがSEO対策だと考えています。

別に、私たちのサービスが優れています、他社はやめましょう!という内容ではありませんので、ご安心してお読みください。
現在この記事代行どっとこむを運営するボナッポでは、『WEBと出版をつなぐ新たなカタチ』をテーマに事業展開を行なっています。
そのため検索上位表示ブログ代行に関して記載したこのページを含め、旧態依然なSEO関連の記事代行サービスは、外注に依頼しなくても、御社で実施いただけるよう、本サイトを情報開示サイトと位置づけ2018年早々に大幅リニューアルを終え、運営しています。

唯一、ご提供しているサービスはページ最下部よりご確認いただけます。

このページでは、SEO対策を適切にご理解いただきます。そして、それほど難しくない検索上位表示施策を適切に自社で運営していただくために、これまでご指導させていただいた内容を掲載しています。

SEO対策という言葉自体を本当は使いたくありません

SEO対策とは、日本語にすると「検索エンジン最適化への対策」ですが、一般的には「検索エンジンのランキング決定要素に最適化したコンテンツとするための施策」という意味合いで使われているようです。あたかも、検索エンジンのランキング決定要素を知っているかのごとく、このテクニックが語られることに、私は長年疑問を抱いています。

ですので、私たちは「コンテンツが検索エンジンに最適化されているかを検証、改善する施策」のことを「SEO」と呼び、その取り組みの結果、検索上位表示を果たすようにもなるので「SEO対策」と、一般的な用語と合わせ使い分けています。

面倒臭い奴で
すみません…

ですから…

私のことは嫌いになっても、
改善や検証を行わないSEO対策記事作成代行サービスを依頼しないでください。

ということで、私たちはSEO対策記事作成代行サービスを提供していません。正確には、もっと適切な名称で、サービス内容がわかりやすい名称で、ブログのアクセスアップやホームページの成果向上のためのSEO対策記事作成代行サービスをご提供しています。

ただ、このページは「SEO対策記事作成代行」というテーマで作っていますので、このテーマに沿った、俗に言う「SEO対策テクニック」をふんだんに盛り込んで作っています。読みづらい点はご了承ください。また、一部「SEOの過剰対策」と呼ばれる摩訶不思議な言葉もありますが、この摩訶不思議な言葉を解説するために、一部過剰なSEO対策記事作成代行の事例として文章を作成しています。サンプル記事として解釈いただけると幸いです。

では、お役立てください。

SEO対策ブログ記事作成代行とコンテンツSEOの違い

SEO対策ブログ記事作成代行とコンテンツSEOの違いをあなたは正確にご理解されていますか?もちろん共通点もあります。この2つの言葉もしくはサービス名称に共通することと異なるところを理解できていれば、あなたはもうこのページを読む必要はありません。

今すぐ、
ブログ記事を自分で書きましょう!

冗談はさておき、まずは「SEO対策ブログ記事作成代行とコンテンツSEO」の共通点から。

SEO対策ブログ記事作成代行とコンテンツSEOの共通点は、どちらも同じ悩みを持っている人を対象としたサービスで、ほとんど同じ内容のサービスが提供される点です。

共通点は2つあるのですが、3つ目は、それこそSEO対策のために「SEO対策ブログ記事作成代行」という言葉と「コンテンツSEO」という言葉を使い分け、検索結果での露出を増やそうという試みが伺えます。ある種、これも彼らの言うSEO対策でしょう。

3つ目は、SEOが得意と言いながら、SEO対策ブログ記事作成代行やコンテンツSEOで検索した際にリスティング広告が掲載されるのも共通点です。SEO関連のサービスを提供して、顧客には「自然検索での上位表示が私たちには出来ます」「自然検索での上位表示は、費用対効果が高い」と訴求しながら、自分たちはリスティング広告を使用しているわけです。この矛盾は何なのでしょうか?

SEO対策記事作成代行と、検索した際の広告で、リスティング広告との併用を促すのなら、また話は違ってきます。

下記は、SEO対策ブログ記事作成代行と検索した結果です。リスティング広告は通常検索でしか表示されないので、自然検索結果を黒塗りにしています。ちなみに自然検索結果はシークレットモードで検索したキャプチャも掲載しています。

あなたが実際に検索した場合と同じように、1位、2位、4位、6位が本サイトおよび記事代行どっとこむ関連のコンテンツがランキングされているか確認してみてください。

このキャプチャで分かる通り、「SEO対策ブログ記事作成代行」と言うキーワードでの検索はほとんど起こらないでしょうが、万が一起こった時に、このようなニッチ・キーワード検索でのランキングを自社コンテンツで埋めることを、上位表示ドミナント戦略と読んでいます。詳しくは拙著を参照してください。

松村の出版物

SEO対策記事作成代行との根本的な違い

私たちが考えている、SEO対策記事作成代行とコンテンツSEOの根本的な違いは、第一に「コンテンツSEO」なんて言葉は、言葉自体が論理破綻していて意味不明な言葉だと言うことです。このことに関しては、トップページでも触れていますし、オリジナルコンテンツに関して解説したページでも詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

オリジナルコンテンツとは

SEO対策記事作成代行サービスを確かに私たちはご提供していました。それも「検索上位表示対策ブログ運営代行」サービスと別物として提供していました。実にややこしいですよね。しかし、一見ややこしそうに見えるサービス名称なのですが、前者の「SEO対策記事作成代行」の目的はSEO対策ですので、検索エンジンがそのランキングを決定する要素に最適化されたコンテンツに仕上がっていて、適切にGoogleがコンテンツ内容を認識しているかどうかを改善、修正していくサービスです。

ブログ記事自体を頻繁に修正することはできませんので、新たに記事を追加します。ですから、検索ランキングを決めるアルゴリズムをブログ記事を書きながら探っていくサービスで、ご依頼いただくキーワード関連の記事を書き、それらのキーワードからのアクセスを取れているのかをチェックしながらサービスを提供していました。

後者は、サービス名称通り、そのサイト自身が特定のキーワードで検索上位表示を達成するためのブログの運営代行を手がけます。一時期流行ったサテライトサイト運営代行というものです。「サテライトサイト」と、聞くと「リンクファームスパム」と早合点されがちですが、実はリンクファームとGoogleに認識されない、サテライトサイトの運営方法があります。

その方法を簡単に解説すれば、そのサイト自体が収益の獲得など目的とし健全にホームページやブログとして運営されていれば、リンクファームとは認識されません。純粋なトラフィックを単独で獲得していれば、リンクファームスパム用のサイトとは認定されないわけです。もちろん、有効なトラフィックを依頼されたサイトに流すこともできます。

簡単にこのSEO対策記事作成代行サービスと後者の違いは、サイト内のブログか第3者ブログの運営代行かということです。詳しくは『検索上位表示ブログ運営代行』のページでも解説しているので、参考にしていただいてもよろしいですが、こちらも「このサービスは依頼しちゃダメ」というスタンスで書いていますので、内部ブログか外部ブログかというところまでは言及していません。

SEO対策記事作成代行は、迷っても依頼するな!

一般的な、SEO対策記事作成代行は、迷っても依頼してはいけません。摩訶不思議な論理破綻したロジックに魅せられているだけです。もちろん、私たちが考えているような、検索エンジンがそのランキングを決定する要素に最適化されたコンテンツに仕上がっていて、適切にGoogleがコンテンツ内容を認識しているかどうかを改善、修正していくサービスのSEO対策記事作成代行だったとしても、依頼する必要はどこにもありません。

なぜなら、GoogleAnalyticsを使えば、誰にでもできるからです。それも、それほど難しくない方法を使ってご自身でSEO対策ブログの記事作成ができます。その方法は先にもご紹介した『検索上位表示ブログ運営代行』に記載している通りです。

成果報酬型SEO対策記事作成代行は危ない

このSEO対策記事作成代行は、それがたとえ成果報酬型でも依頼してはいけません。その理由は「あなたのサイトが、実験台に使われるから」です。

言うまでもなく全ての成果報酬型SEO対策記事作成代行サービスを提供している業者が、あなたのサイトを実験台代わりに使って、成果が出た時だけ報酬を請求しているわけではありません。しかし、その真相を確かめるためには、SEOの知識が必要になります。

ですから、もし、あなたが自信を持ってSEOのスキルは持っていると自負できるようでしたら、「作業員」として、アウトソースすることは有意義かもしれません。しかし、あなたの会社が実際に提供しているサービスを適切に知らないそのアウトソーシング先が書く記事が、本当に収益に繋がるのかと言えば、疑問しか残りません。

故に、いかなる理由があっても、SEO対策記事作成代行を利用するシーンは、現実的に存在しないと言うわけです。

なにが、SEO対策なのか

ここまでお伝えした通り、SEO対策記事作成代行は不毛な取り組みでありサービスです。しかし、本ページの冒頭で「これがSEO対策です」という文言に関する解説をまだしていなかったので、ここで、その真意を解説しておきます。

気にはなって、いませんでしたか?

冒頭の一文で、私は「SEO対策」と言う言葉を使うのは本意ではないと言いながら、自分のこだわりを捨て、世の中がそのように呼ぶのなら、WEB上ではそれに合わせると、記載しています。これが「SEO対策」です。どう言うことかと言うと、検索経由のトラフィックを求める場合には、自分の考えや主張は二の次ということです。

検索するのは検索者であって、Googleが検索ランキングに反映するのは「検索者にとって有益な情報」です。コンテンツ制作者の真面目で、こだわりのある、素敵な情報ではありません。ですから、私はSEO対策を意識する時、自分のこだわりは一旦脇に置き、このページの場合ならGoogleが、このコンテンツを「SEO対策記事作成代行」について書かれたコンテンツだと認識できるよう、コンテンツを作り込んでいるわけです。

そして、一部、このページでは、テーマの文言の中に「ブログ」という言葉を混ぜている箇所があったことにお気づきでしょうか。これは、キーワードの羅列を避けるために、キーワードの過剰使用を避けるために、一部テーマを象徴する文言の中に違和感を与えない語句を挿入しています。

毎回、SEO対策記事作成代行はうんぬんと、文章が始まっていたりすると、読んでいてうざったくなりますよね。Googleは検索者にとって有益な情報を検索ランキングに反映しますので、ある程度の読みやすさも考慮に入れて、コンテンツを構成する必要があり、記事を作成する必要があります。

私たちが考える「SEO対策とは」検索エンジンはどのようなコンテンツの作り込みを行えば、こちらが希望したテーマ(キーワード)で作り込まれたコンテンツとしてGoogle認識してくれるのかを知ることから始まります。

そして、検索エンジンを使うユーザーは、どんな意図で検索を行い、コンテンツにアクセスし、どのような仕組みを持たせることで記事を最後まで読んで、目的の行動を閲覧者に取らせることができるのかを改善していくことだと考えています。

注意!

「ある程度の読みやすさ」は、ページの滞在時間でGoogleは判断しているのではないかと考えています。クローラーによるページのソース情報のみで検索ランキングが判断されるとする「キーワード出現率」なども多少も関係するでしょうが、これは、「コミュニケーション心理学」に基づき、Googleは判断していると考えています。

コミュニケーション心理学の賢威によると「人は、重要なことを必要なだけ、繰り返す」という行動をとるそうです。また、この場合「共通言語」を用いるとさらに有効とされるのはNLPでも常識となっていることです。

この「共通言語」として、本サイトでは私たち自身が嫌っている「SEO対策」という言葉やコンテンツSEOなどの妙チクリンな言葉も使用しています。

記事代行お問い合わせ

このページを読んだ人は、次のページも見ています。

初めての方へ

初めての方へ

記事代行サービスを初めて利用しようと考えている方、または、私たちの「記事代行どっとこむ」に、はじめて訪問してくださっている方は、必ずこちらのページをご覧ください。
記事代行サービスには、確実に成果を上げる方法とGoogleの気まぐれで成果につながる記事やGoogleの機嫌を損ねて、検索結果に表示されなくなるような記事代行サービスがあります。特に[…]

詳しく読む

サポート型ブログSEO記事代行

サポート型SEOブログ代行

サポート型ブログSEO記事代行とは、アクセス解析を分析しながらSEOコンテンツとしてのブログ記事を作成代行し、アップいたします。SEOコンテンツには2種類あり、直接読者に閲覧させて、目的ページに誘導する「入口型SEOコンテンツ」と、任意のページへのトラフィックを増やすために裏支え的なポジションとなる「サテライトコンテンツ」があります。「サテライト」と言っても以前の[…]

詳しく読む