記事作成代行の鉄則

ブログ記事代行ブログ運営代行
ブログでネット集客
シェア
記事代行.com > 記事作成代行を初めてご依頼になられる方へ
SEOとPPCの本

 記事作成代行を初めてご検討されている方へ

記事作成代行監修責任者、松村工はじめまして、記事代行ドットコムの代表を務めます、松村工です。

この度は、数ある記事作成代行サービスの中から私達のサイトを選んでいただきありがとうございます。

2011年7月にこのホームページを立ち上げて以来、美容や健康、医療関連を始め、自動車販売やスクール、住宅関連や金融商品、その他広告代理店様やホームページ作成業者様などから多数ご支持を頂き、私自身もたくさんの経験をさせていただくことができました。

ただ、そんな中全てのお客様のご依頼において良好な成果を上げてきた訳ではありません。
中には、失敗事例も数多くあります。

現在は、子育て中のパパさん、ママさんを中心とした在宅アルバイトスタッフさんやSOHOの方々に記事作成指導を行い、ご依頼者様ホームページの検索上位表示やアクセスアップをお手伝いさせて頂いておりますが、2012年よりご要望のおかった社内記事作成スキルアップのコンサルティングにも力を入れさせていただくような変化して参りました。

そんな記事代行サービスの変化と成長の中、インターネット活用や検索エンジンの仕様変更なども含めて改めて「過去、なぜ失敗してしまったのか」「なぜ、成果を上げる事ができなかったのか」をひも解いてみました。

ぜひ、記事作成代行の事前相談をお申し込み頂く前に一読頂けると幸いです。

 ブログの記事作成代行並びに各種サービスお申し込みの前にお読みください

記事作成代行をご依頼頂く前に記事作成代行をサービスとしている業者様は
数多くございます。
記事を作成する方法や代行を行う考え方に若干の相違はあるようですが、そのほとんどはやはりお客様のインターネット活用の底上げという面では共通しています。

いわゆる「SEO対策」と呼ばれるものです。

従来のSEO対策というとそのほとんどは【リンク対策】でした。なぜ、リンク対策が検索エンジンの上位表示を果たすのかというと、Googleの発祥にまでさかのぼります。

元々、大学の図書検索システムとして開発された現在の検索エンジンは、検索BOXに打ち込まれた言葉(キーワード)との親和性と評価を何を基準に選別するかという事が問題になりました。そこで採用されたのが【参考文献として引用されている数】だったそうです。

結局【引用=インターネットの世界で言う「被リンク」】となった訳ですね。しかし、この被リンク対策に裏技が次から次へと生まれ、検索順位が荒らされるという時代を迎えます。

検索エンジンシステムの発展とともに、専門用語で言うところの【リンクポピュラリティ】被リンクの数と、関連性は裏技を排除していきました。
この過程で生まれたのが、サテライトサイトという公式ホームページをSEO的に支援するwebサイトです。

概ね、記事作成代行サービスというのは、このサテライトサイトやサテライトページのコンテンツとして作成代行され、そこから目的のHPやページにリンクされます。

これらのコンテンツは検索上位表示するものではなく、普段は人の目に触れる事はありません。なぜなら、目的のサイトを押し上げるための記事ですから、その記事が上位表示しては意味が無い訳です。

ただ、私はこの事に非常に疑問を感じており、現在は「SEO対策」という言葉を使っていますが、私自身の気持ちの整理がつくまで、この人に見られる事の無い記事、コンテンツの存在自体に嫌悪感を抱いていました。

人が見ないページが本当にインターネット上に必要だろうか、と。

 コンテンツSEO対策のための記事作成代行

結局、これまでの記事作成代行のサービスというのは、先述した人の見ないページを作成しそこから自作自演でリンクを送り被リンクの数を稼ぐという「リンク型SEO対策」といえます。

この戦略が現在は全く役に立たないという事はありませんが、私達は人に見ていただける記事を作成代行し、お客様のHPに対してもSEO対策を施す【コンテンツ型SEO対策】という考え方で、ご依頼者の現場サイドに近い形の記事作成代行に努めています。

現在、私自身が実際に記事を作成するとなるとこの記事代行ドットコムサイト内に表示させていただいている記事作成単価よりも高額の費用を請求させて頂いております。また、実際にお電話やSkype、面談と言った形でお話しさせていただいた方に限ってのみご依頼をお受けいたしております。

その他は、全てお客様の顧客様に読んでいただいてもトラブルを起こさないための記事作成代行の教育を行ったスタッフやSOHOの皆様にお願いして、記事を作成代行いたしております。

当サイトの記事代行単価は他社様よりも一見高額だと言われますが、それは実際にあなたのお客様が代行した記事を見ていただいた後に、お電話などで問い合わせされた場合にも弊害が無い形での記事をひとつ一つ手作業で作り込んでいるからとなります。

そして、全てのご依頼に対し代表の松村自身がお電話などでの約60分の事前無料相談を実施した後、記事代行の方針を固めサービスをご提供させていただいておりますので、このような形態になっております。

皆様も普段の業務でご多忙中の事と思いますが、コンテンツ型SEO対策としての記事作成代行をご要望頂ける際は、この無料事前相談の60分という貴重な時間を確保ください。

記事代行記事作成代行、ご依頼前のお願い

これから、皆様はブログやホームページを使ってお客様を集め、商品を購入していただくために、専門的な記事作成のスキルを持った者たちへあなたのユーザー様に読んでいただける記事の作成を依頼されようとしている事と思います。

ここまでお読みくださっている方でしたら、お間違いないと思いますが「文章で売るためには文章を読む人間になれ」と言われます。どうかこのページに記載させていただいた私の想いをこの記事から読み取っていただき、記事作成代行に対する考え方をご理解頂ければ幸いです。

また、メールお申し込みのみでの記事作成代行はお受けできませんので予めご理解頂くと共に、無料事前相談のお時間、スケジュールの調整をお願いいたします。

【記事代行ドットコム代表、松村からのメッセージ】
記事代行 代表 松村起業して1年足らずで、王道と呼ばれる被リンクタイプのSEO対策をではなく、コンテンツ型SEO対策を貫き、2012年3月、4月に行われたGoogleの大変動の中、順位を落とすどころか検索順位及びアクセスを大幅に伸ばすことができました。

また、コンサル先のHPでは毎月数十万円のSEO対策経費を削減できた上に順調にビックキーワードでの順位を上げる事ができたのは、「答えは検索エンジンのさじ加減」と言われるつかみ所の無い世界の中で、分からない事を分からないと素直に打ち明けてくださり、そして実践を繰り返してきて下さっているクライアントの皆様のお陰に他なりません。
この場をお借りして、御礼申し上げます。

また、福岡を中心にマーケティングコンサルタントとして活動しておりますが、SEOによるネット集客に加え、動画プロモーションを使った即効性の高い販促、TVメディアとコラボしたインターネット調査からのホームページ活用など多岐にわたるメディアミックスを可能にし記事代行に加え新たなアプローチでの実績を増やし続けています。きっとあなたにピッタリのWeb活用法が見つかると思いますので、お気軽にご相談ください。

今後は私と同じ子育て世代の応援企画としての雇用拡大も視野に入れ、皆様の多種多様なご要望にお応えできるよう、記事作成代行サービスの幅を広げて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ブログ記事作成代行など事前申し込み
記事作成代行の問い合わせ 記事代行.comのメールマガジン[ブログ力養成講座]
SEOとアドワーズの本