ブログ記事作成代行|記事代行.com

ブログ記事代行ブログ運営代行
ブログでネット集客
シェア
SEOは費用対効果が高い!は嘘
↑時代が変わり代表がここ数年感じていることをまとめています↑
記事代行.com > ブログ記事作成代行

記事代行.comのブログ記事作成代行&ブログ運営代行

ブログ記事作成代行

ブログ記事作成代行では、
記事生成ツールなどを一切使わずに1記事600文字程度の記事を作成いたします。
全ての記事に複合キーワードを設定し、記事の検索結果上位表示及び、ホームページやお問合わせ、商品詳細ページなどへの誘導を配慮した記事を作成いたします。

ブログ記事作成代行詳細

ブログ記事作成代行サービスには、大きく分けて3種類の記事作成代行を行っております。

記事作成サービスでブログを代行運営 日記形式ブログ記事作成代行

日記形式のブログ記事作成代行では、平易な言葉であなたの商品やサービスに関連する話題のオリジナル記事を600文字程度でひとつ一つ手作業で書き上げていきます。

レビューブログ記事やご依頼者の商品などを評価する記事作成ではやらせブログになりますので、評価や賞賛するような記事作成は致しませんが、日常のひとコマに御社の関連テーマを題材にブログ記事作成を行います。

ブログ記事作成代行

記事作成代行サービスでブログを代行運営上位表示ブログ運営代行

日記形式のブログ記事作成代行とは異なり、商品やサービスに関する資料のご提供が必要ですが、専門性に富んだブログ記事作成を代行致します。

上記ブログ記事作成代行との第2の相違点は、運営代行致しますブログ自体の検索エンジン上位表示を目的としたブログ記事を作成していくところにあります。ブログ記事内にはお客様公式ホームページへのアクセス誘導のリンクや画像を挿入し、アクセスの入り口を増やすことができます。第二第三の公式ブログと位置づけていただければ、本サービスをイメージしやすいかと思います。

SEOブログ

記事作成サービスでブログを代行運営SEO対策ブログ記事作成

記事代行ドットコム関連ブログでも採用している複合的なSEO対策ブログ記事作成代行のサービスです。
御社の公式サイトへのSEO対策を様々な複合キーワードでバックアップする施策の他に、作成代行致します記事ひとつ一つの上位表示を狙ったSEO対策ブログ記事の作成代行です。

過去、たった2記事のブログを立ち上げた数時間後に3つの複合キーワードで4位、7位、3位と4位に上位表示させるなど即効性の高い成果も実現。

記事作成代行サービスお問合わせ

詳しくは、下記よりお問合わせください。

記事作成代行サービスお問合わせ

キーワード変換ブログ運営代行

ブログ復活サービス

ブログ復活代行1ブログ記事を1年2年と書いてきたけど、アクセスが伸びない。
ブログ復活代行2新しいブログを立ち上げるのも、今のブログがもったいない
こんなお悩みを解決する、ブログ復活代行サービスです。

ブログ復活サービスは2種類

メインブログをバックアプし売り上げ向上過去更新していたけれども、最近はブログの更新が滞ってしまったブログを復活させるサービスです。
60記事以上あるブログが対象となりますが、過去記事とお客様の公式サイトを分析し、古い記事にSEO対策要素を盛り込んだ記事にリライト(校正)し直します。

放置されていた過去の労力を低価格で生きた営業ツールへと活性化できる他社にはないブログ記事作成サービスです。

キーワード変換ブログ運営代行詳細

眠っている資産を有効活用派生ブログ記事作成代行

上記、ブログ復活サービスにヒモ付けた御社の最新情報にアクセスアップ施策を盛り込んだブログ記事作成を代行致します。一方的に記事を作成し続けるサービスではなく、誤担当者と定期的にご連絡を取りブログ記事を作成していきます。

御社のWeb担当業務の一部を低価格でアウトソーシングするとイメージ頂けると本サービスをよりご理解頂けることと思います。

キーワード変換ブログ運営代行詳細

サテライトブログ運営代行

本サービスは終了致しました。

ニュース記事引用によるサテライトブログ運営代行サービスは2011年7月を持って終了致しました。このサテライトブログ自動記事生成サービスは、これまでの検索エンジンロボットの進化の過程の中で【効果低→効果薄→効果マイナス→ペナルティ扱い】という流れを経てきました。アメーバーブログでは現在こういったブログはブログの削除対象になっています。

また、記事の著作権問題に関してもグレーな部分が多く記事代行ドットコムではこういった自動記事生成サービスは廃止する方向で運営してきました。
更に、記事引用部分が多すぎますと検索エンジンロボットはミラーサイト(丸写しホームページ)と判断し、それらのコンテンツ及びそのブログに張られたリンク先のページやサイトに対してペナルティを与えることも発生しています。

もし、現在あなたが自動生成記事のブログやサイトから公式ホームページへリンクを送っているようでしたら、リンクをすべて削除するかオリジナル記事を追加してミラーサイトではないことを検索エンジンに通知して下さい。

オリジナル記事の追加の際に記事代行ドットコムのブログ記事作成代行サービスをお選び頂ければ幸いです。

自動ブログ運営代行詳細

記事代行.comへの問い合わせ 記事代行.comのメールマガジン[ブログ力養成講座]
リスティング広告とSEOの本