ブログSEO 2018-01-06T11:58:33+00:00

ブログSEOはテクニックよりも全体像の把握が不可欠

ブログSEOのテクニックは、書籍や専門家によるセミナーなどで色々と解説されているようです。過去、私自身もそのブログSEOに溺れた時期がありました。しかし、なかなか結果が出なかったんです。

確かに、解説されているブログSEOのテクニックには、多かれ少なかれ事例を伴いながら解説されますので、まったく眉唾なテクニックだと言うつもりはありません。本サイトでは、ブログSEOに限らず、インターネット活用、ホームページのSEOに関する誤認識や適切な分析に至っていない自称コンサルタントの見解を指摘しています。ただ、彼らもまったく結果を出していないわけでもないと思っています。しかし、それらのブログSEOテクニックを導入しても成果が上がるどころか、検索順位が落ちたので回復して欲しいと言うご相談や、まったくアクセスが増えないと言うご相談を長年いただいているのも事実です。

本ページでは、過去、私がブログSEOのテクニックに溺れ、成果が出なかった際に気付くことができた、もっとも大切なこと「不可欠」なことをご紹介し、近年、また今後注目を集めるだろうブログSEOテクニックとの付き合い方をご紹介します。

ブログSEOの全体像

結論からお話しすると、「ブログSEOに実質的なテクニックは存在しない」と考えたほうが、迷いはなくなり、結果的に検索経由のトラフィックを安定的に集められるようになります。

この結論に至った第一の理由は、それぞれの検索キーワードの持つ特性にあります。もっともわかりやすい、検索キーワードごとの特性によって、ブログSEOの成果に大きな影響を与える要素は、リスティング広告の数です

多くの場合、ブログSEOの対象とするキーワードは、リスティング広告を配信する際に使用されるGoogle AdWordsのキーワードプランナーが用いられます。確かに月間平均検索ボリュームをこのツールから知ることは、どのくらい検索されているニーズのあるキーワードかどうかを知ることはできます。

しかし、そもそもこのツールはリスティング広告を配信する際のツールであって、ブログSEOを実践し、広告以外の検索キーワードニーズを知るツールではありません。そのため、自ずと、キーワードプランナーで人気のキーワードを対象にブログSEOを実施したとしても、その検索ランキング上部には、多くの広告が掲載されているわけです。

検索者は、広告を毛嫌いし、通常検索結果のみを選択し閲覧する人ばかりではありません。各分析家の間では、この同一検索キーワード上でのリスティング広告のクリック率と自然検索のクリック率の対比を表などを用いて紹介しています。本記事をUPする際に事実確認を行うため各年代別のブログSEOを実施した際に掲載される、自然検索結果のクリック率と同一キーワード上で表示されるリスティング広告のクリック率対比を調べてみました。

ここで明らかになったのは、自然検索で1位に表示された場合は、15%程度クリックされ、これに対して、リスティング広告の1位は約4.5%と言うデータもあれば、Googleの自然検索結果においては、1位が30%ほどで、リスティング広告が10%程度がクリックされると言うデータもあります。いったい、このデータの乖離は何を意味しているのでしょうか。

それ以上に、最新データがなかなか見つからないのが、個人的には不思議に感じています。

SEO業界のブログSEOの実態

上段でご紹介したデータなどを見る際には、必ず注意書きをチェックしてください。もちろん、調査方法やいつの調査なのかも大切です。調査方法が理解できない場合は、そのデータを参考にしないほうが賢明です。なぜなら…

リサーチは、調査を行う段階で
バイアス(偏り、偏見)
かかっている

からです。

これは、実際に私たちが「リサモビ」というインターネット調査のサービスを実施していたので、実体験として把握しており、リサーチ業界に2012年1月(正確には2011年後半)から2015年初旬までの約3年間身を置いて業界調査も行なっていたので、お伝えできることです。

2011年後半といえば、本サイトの公開とほぼ同時期ですが、きっかけはリサーチに必要なアンケート文章の作成代行でした。そこでは、アンケートを実施する目的と、アンケートデータをどのように使うのかというリサーチ方針があり、極論、結果ありきもしくは、仮説の検証として、リサーチが行われていたのです。

私は、体育学部の出身ですが、スポーツ情報処理という研究室にいました。ここで統計学をかじったのですが、統計とは実施者の思惑が反映しない方法と豊富なサンプル数があって初めて成立するものなのです。統計データやリサーチデータにはなぜか、強い影響力があるのですが、それは多くの人がこの統計学が遵守している「実施者の思惑が反映しない方法とサンプル数がある」ことを確認しないまま盲信している結果ではないかと感じています。

先の、『自然検索で1位に表示された場合は、15%程度クリックされ、これに対して、リスティング広告の1位は約4.5%と言うデータもあれば、Googleの自然検索結果においては、1位が30%ほどで、リスティング広告が10%程度と言うデータ』が示される調査には、検索キーワードに込められる検索心情ごとのセグメントはなされていないと注意書きがあります。例えば「世田谷区 マンション 賃貸」というキーワードで検索する場合と「世田谷区 歯医者 評判」で検索する際の検索者の目的は大きく異なると言うことです。

このセグメントを行わずにリサーチデータを鵜呑みにすることはできないはずです。前者のキーワードでは広告も含め、複数のコンテンツを閲覧することでしょう。広告から順に自然検索の3位くらいまでを確認し、同じような賃貸情報ばかりを目にすれば、それ以降は閲覧しない可能性が高いのでは?と、仮説することができます。

後者のキーワードでは、歯医者の評判を知りたいわけですから、広告はクリックしないでしょう。

もし、この調査をSEO関連に傾倒している人が、その業界に都合の良いデータを掲載するために、意図的なデータ分析を実施しようと思えば「ランダムに抽出した」と言いながら、後者のようなキーワードを軸にデータを掲載することはできます。これは「データ改ざん」ではありません。

SEOとリスティング広告の闘争に関しては、拙著でも書いていますが、今も昔も続く不毛な議論闘争です。実際には「闘争」とも呼べないチンケな話です。なぜなら、リスティング広告代行事業者は、ほとんどブログを書きません。なぜなら、リスティング広告で事業を営んでいるからです。これに対してSEO業者はブログを書きSEOで情報発信を行います。結局、SEOかリスティング広告かの議論は、SEO業者が自分たちの主張を通すために展開しているだけのものなのです。

一部、ブログのSEOもリスティング広告もサポートしているような(私たちもそうですが)業者が、自らのブログで、ブログSEOを選択するケースと、リスティング広告が向いているケースとを比較し紹介しているコンテンツを見かけることもありますが、これらの記事は参考になるのではないかと思います。(このページでもいくつかのポイントは触れていますが(笑))

ブログSEOにテクニックは必要ない

この段落も結論から申し上げます。

ブログにSEOテクニックは必要ありません。そもそも、SEOにテクニックという考え方自体を私は否定するどころか認めていません。なぜなら、私はSEO(検索エンジン最適化)は、検索エンジン経由のトラフィックを望む者にとってはマナーだと考えているからです。

その理由は、私たちは、多かれ少なかれ無料でGoogleを経由してお金儲けをさせていただいているわけです。検索システムがなければ、SNSやダイレクトメール、メールマガジンなどを使って、ホームページやブログにアクセスを導かなければなりません。それを、Googleが大量の資金を投入し、クローラーを開発し検索アルゴリズムを構築し、私たちのビジネスを助けてくれているわけです。このような状態にあるのなら、検索エンジンに最適化されたコンテンツを作ることに注力するのは、当たり前のことです。ですから、検索エンジンにコンテンツを認識させる以上、SEOはマナーだと考えているわけです。

ここがブログSEO最大のポイントです

ブログSEOに限らずホームページ運営の基本がここにあります。SEOの最大要素と言いますか、検索アルゴリズムの最大評価要因は、何だと思いますか?私はトラフィックの数とその質だと考えています。なぜ、そう考えているのかといえば、Googleは「検索者にとって役に立つコンテンツを評価する」と言っているので、このように考えています。

検索者に役立つコンテンツをどのように評価するかと考えれば、それは同一キーワードでインデックスされているコンテンツの中で、より多くアクセスされ、適切な滞在時間を獲得しているコンテンツを評価すると考えています。すなわち、SEOで検索上位表示を達成するのなら、より多くのアクセスを獲得する必要があるということです。「鶏が先か、卵が先か」という話になっていますよね。

SEOを実施して、多くのトラフィックを呼び込みたいのに、多くのトラフィックを呼び込むために検索上位表示されたいのなら、まずは、検索者の支持を集めるためにトラフィックを獲得しろと、Googleは言っているのです。

もちろん、どのキーワードで検索された際に、どのランキング内で表示させるかを選別する際に、ブログやWEBページに記載されているキーワードや言葉、文章をクローラーはチェックします。このクローラーの作業は、コンテンツの質を精査しているというよりも、コンテンツをキーワード毎にカテゴライズするための作業なのです。

ただ、昔からそうだったわけではありません。

GoogleAnalyticsを見れば分かる通り、現在のAnalyticsでは、どのSNS経由でどのページにアクセスされたのか、どの外部サイトからあなたのサイトにアクセスされたのかのデータ収集を可能にしています。

外部サイトからのアクセス獲得は容易ではありませんが、あなたが管理するSNSやあなたの会社に勤める同僚者社員のSNSアカウントからあなたのサイトにアクセスを流すことは、簡単に始められることでしょう。ただ、あなたのサイトにアクセスを流すためだけにSNSを運営すれば、それは過去「リンクファーム・スパム」としてリンクに対する評価をGoogleが変えたのと同じように、あなたに関連するSNSからのトラフィックを低く評価します。

これがブログSEOの全体像です

ブログSEOを実施する場合は、SEOはマナーだとして考え、Googleが求めている、Googleのシステムでも認識できるコンテンツの作り方を実施し、SNSやメールマガジンなど、検索経由以外のアクセスを発生させ続けることで、検索経由のトラフィックを獲得するための検索上位表示も達成できる。ということなのです。

ブログSEOで安定したトラフィックが、一つの記事に長年流れ続けるようになるためには、このサイクルを実施し、検索経由のトラフィックを稼ぎ始めると安定し始めます。すると次第に外部サイトにも参照元として健全なリンクが掲載され、そこからのトラフィックも微量に発生し続けるので、SNS(←これも、外部サイトの一種)経由のアクセスを獲得する作業を行わなくても、検索上位表示が安定するわけです。

同一キーワード上で他サイトにあなたのサイト以上の評価がなされれば、この限りではありません。そのため、定期的なアクセス解析のチェックとデータ分析によるブログ運営が大切で、これを私はブログSEOと呼んでいます。

ブログSEOとは、一体何?

私たちのブログSEOに対する捉え方が、世間と違うと気付かされた時、正直驚きました。私たちは、ブログを通じて、ブログ記事の最後には、商品詳細ページやお問い合わせページへのリンクボタンを掲載するように徹底指導させていただいていますが、これらのページにトラフィックを流すだけが、ブログSEOの役割だとは考えていません。

ブログSEOに求めている成果は、どのようなテーマ(キーワード)で、目的のページにトラフィックを誘導できるのかをアクセス解析から知ることです。また、どのような記事の結び方が、目的のページにアクセスを誘導できるかを知るツールだともブログのことを捉えています。

これはあくまで、インターネット上での役割ですが、私たちは、OFFラインの営業の際にもブログ記事を使います。なぜなら、直接お客様と対面する時間は、互いに限られているからです。また、すでに公開しているコンテンツというのは、それだけで信頼を得ることができます。

逆に公開されたコンテンツを多くの人が信じる傾向にあるので、フェイクニュースが横行し、事実確認のないデタラメな記事も多いので、ネットへの不信感が募っているのも実情です。このこともあってGoogleは検索者の評価(アクセス数と滞在時間)を検索ランキングを決定する要素として重視しているわけです。

しかし、お客様と対面している状況で…もしくは、あなたが信頼を寄せているセールスマンと対面して「この記事でもお話ししていますが」と言われたり「今日はもうお忙しいと思いますので、こちらの記事を確認しておいていただきたいのですが…」と、ブログ記事を提示されれば、その人への信頼が作用して、その記事への信頼性も高め、しっかり読むのではないでしょうか。

このような取り組みを通じて、私たちはGoogleから評価される前に、すでに評価(信頼を寄せる)してくださっているお客様から、ブログ記事を評価していただき、その評価によってGoogleからの評価も得るようにしています。

ブログにSEOの基本と言われるお約束事を盛り込んだらハイ終わり…では、ないわけです。ブログSEOとは、ブログを書く際にGoogleがどのキーワードに分類するのが適切なのかを判断できるようなコンテンツの作成を心がけ、そのコンテンツは検索者に役に立つコンテンツだと知らせるために、検索者以外からの評価を得て「検索者に役に立つ」コンテンツだと知らしめることなのです。

ブログSEOのお約束事や、ブログ記事構成、ブログ運営に関するご質問やご相談は、下記よりお問い合わせください。また、記事末未記載の関連記事もお読みいただけると、よりブログSEOで成果を手にできるようになると思います。

ブログSEOの始め方

ブログSEOを始める際には、まず、ブログ記事を読んだ人にアクセスして欲しいページを決めることから始めます。ネタバラシになりますが、わかりやすく解説するためにこの記事(ブログではありませんが)で解説します。

この記事は、まず、『ブログ記事作成代行3大メニュー』というページの冒頭文からリンクされています。この『ブログ記事作成代行3大メニュー』のページはトップページからもリンクされていますが、メインメニューにもそのリンクがあります。ですから、本記事のサイト内での位置付けは、2番目か3番目に閲覧されるコンテンツと設定しています。

ページの役割は、サービスへの勧誘や顧客の獲得ではなく、情報提供に特化した記事になっていたと思います。2,000案件以上のネット活用や記事代行の依頼者ご相談を経験してくると、流石にブログSEOを安請け合いはできないと感じるようになりますし、ブログSEOで成功したからといって、実質的な成果(売上や集客)に繋がらないようなブログSEO、記事代行、運営サポートなどは提供したくないと考えるようになります。

面倒に思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、私たちにご依頼や相談をいただく際には、最低限お読みいただいておきたいコンテンツが、各項目別にいくつかあります。このページはその一端を担っているわけです。

サイト内での役割が2番目か、3番目に読んでいただきたいコンテンツですので、検索経由のトラフィック獲得は、それこそ、「二の次三の次」となります。ですからあえて、このページでは「ブログSEO」という比較的ライバルも多いであろうキーワードをテーマにSEOを行なっています。(ブログSEOのキーワードの推奨入札単価:838円。広告掲載数上部3、下部1。サジェスト7。関連キーワード数10。※数値は調査時点による)

この記事を作っているときはリスティング広告を使っていませんでしたので、月間平均検索ボリュームは概算でしか表示されていないので、本ページへの掲載は割愛します。贔屓目にも頻繁に検索されるキーワードではないことだけは、押さえておきます。

なぜ、このページを、そんなキーワードを対象にSEOしているのかといえば「検索経由のトラフィックを獲得できれば、ラッキー!」程度としか捉えていないからです。もちろん、このページを公開後にはSNSにも投稿しますし、メールマガジンでのご案内もします。先日、ご相談いただいた方からの2回目のご相談が、3日後に控えているので、慌ててこのコンテンツを書いているというのもありますが、その際にもこのページを使いながら、ご相談に応じます。

どちらにせよ、このページをそのご相談者と一緒に閲覧するので、書いておきますが、どうですか?もし、そのページはあなたのために作られたコンテンツだと知ったら、グッときませんか?逆にグッとこなければ、私はそのご相談者からご契約をいただけないということです。分かり切ったことですので、無駄な売り込みは必要なくなりますし「断られた」と、落ち込む必要もありません。

これが、このページの果たす役割です。

このような流れで、ブログSEOを始める際には、まず、そのブログを読んだ読者に起こして欲しい行動を設定します。また、ブログ記事の場合は、どこか既存ページからアクセスを送り込むというのは、後日設定するだけでしょうから、サイト内で何番目に閲覧いただきたいコンテンツなのかまでは、それほど深く考えなくても良いと思います。

ブログ記事の次にアクセスして欲しいページが決まれば(もしくは、ブログSEOを始める際に、もっともアクセスを流したいページ)、そのページのキーワードや内容に付随、またはするキーワードを想起します。このとき、そのキーワードが持つ広告的価値をキーワードプランナーでチェックしても良いでしょう。

そうやって、ブログSEOの対象キーワードが決まれば、そのキーワードの内容に絞って事実と、あなたが考えていること、感じていること、事例やケーススタディを用いながら記事を構成します。

ブログSEOには最低文字数やタグ設定などを事細かに意識させるコンテンツがネットにはありますが、あなたが伝えたいことを過不足なく伝える文字数が最適な文字数です。まことしやかに600文字とか800文字が最低で多くても〇〇文字なんて解説も見かけますが、はっきり言って参考にするだけ無駄です。ただ、ツイッターのようなブログ記事だけはやめましょうね(笑)140文字程度ならツイッターやFacebookで情報発信するのが、閲覧者のためです。

このページには8,000文字ほど書かれています(長くてすみません)が、これほどの量を必ず書かなくてはならないということはありません。私は、これほどの長文を嫌う人はたくさんいると思っていますが、「よく読む人は書ける人」だと思っていますので、長文を嫌う人からのご連絡は欲しくないとも考えているわけです。

ですから、ブログ記事を書く方向性だけ定まれば、あとは思い想いに記事を書いてください。それが、ストレスなく、ブログSEOを成果に繋げられる方法ですし、思い想いに記事を書けば、SNSに投稿する際のコメントもSNSによって変えることができるでしょう。また、一つの記事を書いて、目的のページにトラフィックを送ると考えながらブログを書いていくと、また、別のテーマが浮かぶようになり、ブログを書くのが楽しくなります。

それを定期的にアクセス解析でチェックし、成果を実感できたり、改善策を知ることができれば、どんどんブログSEOが得意になっていきます。ぜひ、楽しみながら、そして喜びを味わいながら、ブログSEOを実践してみてください。そんなあなたのお手伝いでしたら、私は喜んでお受けしたいと考えています。

記事代行お問い合わせ

このページを読んだ人は、次のページも見ています。

初めての方へ

初めての方へ

記事代行サービスを初めて利用しようと考えている方、または、私たちの「記事代行どっとこむ」に、はじめて訪問してくださっている方は、必ずこちらのページをご覧ください。
記事代行サービスには、確実に成果を上げる方法とGoogleの気まぐれで成果につながる記事やGoogleの機嫌を損ねて、検索結果に表示されなくなるような記事代行サービスがあります。特に[…]

詳しく読む

ブログ記事作成代行3大メニュー

ブログ記事作成代行3大メニュー

ブログ記事代行でもっとも人気の3大サービスはこちらでご確認ください。ただし、サービスを選ぶ前に、このページでご紹介している『ブログ記事作成代行の3つの特徴』は、必ずお読みください。特にAIによるブログ記事代行サービスに関する記事は、必ずお読みいただかなければ、あなたがブログSEOで成果を得ることは出来ません。今後はAIの時代と言われていますが、そんな時代に[…]

詳しく読む