Loading...
アフィリエイトの記事代行をご検討の方へ 2018-01-08T14:45:53+00:00

アフィリエイトの記事代行をご検討の方へ

アフィリエイターさん冷静になってね2011年に記事代行のサービスをスタートさせて以降、アフィリエイトを始めたいと考えている方々から毎月たくさんの問い合わせやご相談をいただきます。一時期は、アフィリエイトのご指導などもさせていただいてきました。ただ、私たちは、記事代行サービスのほか、ホームページの制作や運営のサポート、松村はマーケティングコンサルや執筆に講演なども行っていますが、アフィリエイトも事業の一つとして取り組んでいます。なぜなら…

記事を代行する企業がアフィリエイトで稼げなくては嘘ですよね?

ただ、私たちは自分たちのスキルを広告収入に変えるだけではなく、Googleの反応や変化を察知する目的で複数のサイトを運営し、そこにアフィリエイト的な要素を持たせています。

このページでは、アフィリエイトを始めて副収入を手に入れたいと考えている人、アフィリエイターさんでなくても、記事代行業者にブログ運営やホームページ運営を丸投げして、集客や売上をうまく行かせたいと考えている人、こう言った人たちに加えて、成果報酬型のSEOサービスに淡い期待を抱いている人に、苦言を呈しておきたいと思います。

冷静に考えてみてください!

もし、あなたが記事代行のサービスを提供するとしたら…と

アフィリエイターさん、冷静になって

アフィリエイト記事代行はお受けしません

「もし、あなたが記事代行サービスを提供できるスキルがあるとしたら、アフィリエイターからの記事代行依頼を受けますか?」

「もし、受けるとしたら、その記事代行報酬はいくらに設定しますか?」

これは、私たちが、いつもアフィリエイターさんからのご相談の際にお尋ねしている定型句です。

企業から寄せられる記事代行依頼の場合、私たちは、ご依頼者が実際に提供している商品を作り出すことも開発することもできませんし、サービスを提供することもできません。ただ、文章を通じて、その商品やサービスに興味を持っていただいたり、お客様にお店へ足を運んでいただくお手伝いはすることができますので、このようなご依頼の場合は、記事代行のご依頼をお受けいたします。

しかし、アフィリエイトの場合は、商品を製造することもなければ、新商品を開発することもなく、サービスを提供することもありません。ただ、広告バナーを貼って、アクセスを集めて、広告報酬を稼ぐだけのビジネスです。ですから、私たちには商品を製造してくれる提携工場を持ちませんが、インターネット市場で商品やサービスを見つけていただき、買っていただくためのウェブコンテンツ運用のノウハウを持っていますので、多ジャンルのアフィリエイトを実施しています。

仕事を受けるということは、互いの得意分野と苦手分野を支え合う「協業」によって成り立ちます。

もし、あなたがアフィリエイトの記事代行を受注できるノウハウとテクニックを持っていたら、あなたも自力でアフィリエイトを行うでしょう。そして、自身のスキルでアフィリエイト報酬を獲得できるスキルを持ちながらも、アフィリエイトの記事代行を受注するとなれば、そのアフィリエイト報酬よりも高額な記事代行報酬をいただけなければ、受注する意味はないと感じるのではないでしょうか。

もし、あなたがアフィリエイトの塾に参加していて「記事は外注しなさい」と、指導を受けているのなら、そんな塾はサッサと退会することをお勧めします。お金の無駄です。ただ、アフィリエイトのスキルを持たないライターがいるのも事実です。

もし、あなたが、そんなアフィリエイトのスキルを持たないライターの記事を上手に使い、アフィリエイト報酬に繋げるスキルをお持ちなら、私たちではなく「ランサーズ」で依頼することをお勧めします。断然安いですから!

「餅は餅屋」とは違う

ライティングスキルとは、そんなに難しいものではない

松村です。ここは、私がお伝えします。

私は、作文で褒めてもらったことなんてありません。大学は体育学部ですし27歳で実業団のバレーボール選手を引退するまで、バレーボールのルール以外は何も知らないと言って良いほど、なんのスキルを持たない社会人でした。
ただ、選手を引退した後に就いた営業職で、その商品が本当に好きなら、その気持ちは文章だろうと口述だろうと伝えることができて、買っていただけるということを学びました。

ホームページはバレーボール選手時代に、ホームページビルダーとホームページの作り方が記載された本を購入し、自作したのが始まりです。過去1度も「プロのホームページ制作会社」と、呼ばれる業者さんにホームページの制作依頼を出したことはありません。また、制作会社で働いたことはありません。ただ、そんなホームページ制作会社をコンサルティングした経験はたくさんありますし、今でも条件によっては指導を行っています。

プロとして活動しているホームページ制作会社に、素人上がりの私がコンサルティングしたり指導している内容は、「精読デザイン」というものです。プログラミングの指導ではありません。文章を読ませ、動画を視聴させ、購入ボタンや申し込みボタンをクリックしていただく導線を、アクセス解析をもとにどのように改善していくのかを指導しているわけです。

そして、この「精読デザイン」のフォーマットと呼ばれるウェブサイトのデザインは、海外の莫大なリサーチデータの下、業種や商材によっていくつかのパターンに絞られています。そのフォーマットは「ホームページテンプレート」という形で販売もされています。

ホームページをオリジナルデザインに仕上げることは、時間とお金の無駄なのです。

閲覧者に文章を読ませ、クリックして欲しいボタンをクリックさせる文章術の基本は、事実を事実として適切に伝えることです。検索エンジンで上位表示させれば、たくさんのアクセスが集まって、その中から、一定割合で顧客が発生するわけではないのです。

私たちは、あなたが取り扱っている商品やサービスの表現しきれていない事実を、適切に読者に伝わるような表現を見つけるお手伝いをする記事代行サービスを提供しています。ですから他の記事代行サービスよりも、ご提供する記事数は少なく、高額かもしれません。しかし、そんな他者よりも多くの成果を獲得していただけると自信を持っています。

成果報酬型SEOなんて問題外

記事代行サービス選びのポイント

記事代行のサービスを成果報酬で発注したいというお気持ちはお察しします。私たち記事代行どっとこむは、サンプル記事の提供もしませんし、自社運営しているサイトも本サイトと松村の公式ブログくらいしかご提示しません。ですので、あなたのビジネスに対して、どんな記事を書いてもらえるのか不安に感じることがないといえば、嘘になるかもしれません。しかし…

ブログ記事が果たす「成果」とは、一体何ですか?

売上だというのなら、専売契約を結びましょう。検索上位表示だと言うのなら、あなた自身の検索体験を思い出してみてください。あなたのお友達と比べてみてください。きっと、どれだけ特定の検索キーワードで上位表示を果たすことが、不毛な時代になっているかを実体験をもとに理解することとなるでしょう。

成果報酬型SEOサービスも、もし、あなたがその「成果報酬」を支払っていない状況にあるのなら、あなたのサイトが実験台になっているかもしれません。(詳しくはブログ記事をお読みください)

安直な記事代行はお控えください!

過去、今のようにインターネットが生活の大半を占めるようになる以前まで、私たちは記事代行サービスを盛大に提供していました。当時は、それほど文章を読む人はいませんでしたし、ちょっとした一言一句の揚げ足を取り、クレームに繋げて賠償を求めるような「プロ消費者」も、ほとんどいませんでした。

しかし、私たちは2012年に代行記事が招く最大のリスクをクライアントとともに体験し、記事を代行するのではなく、ブログ記事をどのように書き、どのように活用するのかを指導するモデルへと移行していきました。

あなたも経験があると思いますが…

商品の問い合わせは、販売会社につながるのではなく、外注のコールセンターに繋がり、ホームページは販売会社の自社運営ではなく、代理店が運営している。そこに掲載されている記事は、現場に足を運んだこともない、まったくの第三者が書いている記事…。商品はOEM商品で、パッケージを変えただけ。商品開発秘話もOEM会社の話をあたかも販売会社が開発したかのように語られ、その開発秘話に感動して電話をかけたとしても、電話口の担当者は、そんな話は聞いたこともない…。

こんな実態を知って、あなたはその会社の商品を買いますか?サービスを受けたいですか?

今は、こんなインチキで初回販売を成功させられたとしても、顧客にリピートしていただくことはできないのです。逆を言えば、この禁忌にさえ触れなければ、記事コンテンツの活用でも、代行記事の活用でも、あなたは成果を積み上げられるようになると言うわけなのです。

アフィリエイトのご指導はいたしますが、記事の代行はお受けいたしません

指導はするけど、記事代行は受けないって理解に苦しみますか?

ちゃんと理解しましょう

アフィリエイトのご指導は、オンラインミーティング形式で月額5万円からお受けしています。

なぜ、アフィリエイトの記事代行依頼は断っているのに、アフィリエイトの指導依頼は受けるのかと言うと、それは、私たちのクライアントさんたちもアフィリエイトを使った販促を行なっているからです。アフィリエイトの指導を通じて、優秀なアフィリエイターさんを私たちが育てていれば、記事代行の依頼をくださる企業様と直接アフィリエイト契約を結んでいただけるようにもなります。

私たちのクライアントも、記事代行の依頼や記事作成のスキルを身につけながら、オウンドメディアを運営していますが、やはり「アイデア」にも限界があり「文章の個性」にも限界があります。その「個性の幅」を広げるために、アフィリエイトのご指導は安価でお受けさせていただいているわけです。

最新のノウハウを追う前に

墓穴

松村自身も10数年前までは、最新情報を買い漁るノウハウコレクターでした。年収400万円程度の時代に年収の何倍かほどの教材を買い漁りアフィリエイトやネットビジネスにチャレンジしました。しかし、当時は言うまでもなく借金まみれです。

あれから10年以上経ちますので、流石に投資金額は回収できていますが、実はアフィリエイトで全額を回収したわけではありません

私が、アフィリエイトや情報商材から学んだことは、ビジネスモデルであり、ライティングのスキルでした。私は、さまざまなアフィリエイト教材に記載されたノウハウからインターネット活用の「共通原理」を、学ぶことができました。そして、ある時期にはセールスマンとして働いてもいましたので、リアルなセールスとインターネットで行うセールスの共通点も見つけ、ライティングとセールストークの共通点も発見することができました。このことが、何を意味するかわかりますか?

記事代行サービスはGoogleとSNSに淘汰されている

記事代行を専門職だと考えるのは、時代遅れ

記事代行サービスで企業後の事業を成長させた私が言うのですから、これは間違いありません。

記事代行と言うサービスはテクノロジーの進歩で専門職ではなくなった!

あなたもご存知の通り、ホームページの制作にはHTMLと言うプログラム言語を習得していなくては、立ち上げることができませんでした。WordPressがリリースされた当初は、PHPと言うこれまたプログラム言語を理解し、サーバーの設定も理解している専門家にしかできない専門職でした。

しかし、今は、「レンタルサーバー」とGoogle検索し、そこで電話相談ができるレンタルサーバーと契約(月額1,000円程度)すれば、WordPressもワンクリックでインストールすることができます。

このことと同様に、SEOもGoogleの検索システムの精度が上がったため、SEOに関する専門用語を知らなくても、Googleが定期的に行なっている検索アルゴリズムの特許内容を知らなくても、検索経由のアクセスを獲得できるようになってきています。

SNSも普及したことから、検索エンジンもSNSで人気の記事を検索ランキングに反映せざるを得なくなり、Googleのだけを見てきたSEOコンテンツは、検索ランキングで上位にランキングされることはなくなってきています。

ましてや今は「パーソナライズ検索」の時代です(詳しくは、こちらの拙著を参考にしてください)。SNSに参加する人が増えた以上、SNSに参加する人の検索結果は、SNSでも人気になっているWEBコンテンツが並ぶように変化してきているのです。

要は、あなたのSNSで繋がっている人たちにも共感できるような、記事内容や記事の書き方が、結果的に、パーソナライズ化された検索ランキングでも表示されるようになるわけなのです。

参考図書

このページを読んだ人は、次のページも見ています。

記事代行の全体像

ブログ記事作成代行

ブログ記事の作成代行サービスを利用して、アクセスアップや集客増加を図る手法は、2013年以降大きく様変わりしました。
その理由は2つあります。
ひとつは、Googleの検索アルゴリズム変更で、2つ目は、検索シーンやユーザーの[…]

記事代行の全体像

初めての方へ

初めての方へ

記事代行サービスを初めて利用しようと考えている方、または、私たちの「記事代行どっとこむ」に、はじめて訪問してくださっている方は、必ずこちらのページをご覧ください。
記事代行サービスには、確実に成果を上げる方法とGoogleの気まぐれで成果につながる記事やGoogleの機嫌を損ねて、検索結果に表示されなくなるような記事代行サービスがあります。特に[…]

詳しく読む

ブログ記事代行

ブログ記事作成代行

ブログ記事の作成代行サービスを利用して、アクセスアップや集客増加を図る手法は、2013年以降大きく様変わりしました。
その理由は2つあります。
ひとつは、Googleの検索アルゴリズム変更で、2つ目は、検索シーンやユーザーの[…]

ブログ代行 詳細